岩手医科大学の医学部入試対策情報

医学部入試対策ドットコム、歯学部入試対策ドットコムは
医学部・歯学部 専門予備校のメルリックス学院が提供しています。

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

  • home
  • 大学別入試対策 ― 岩手医科大学

大学別受験対策

岩手医科大学

数学 ― 岩手医科大学

数学 ― 岩手医科大学

穴埋めになってから易しくなった。今年はどれも典型問題

表:出題傾向分析 - 数学

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

’11まで記述式だったものが’12から穴埋め式となり難易度も形式も大きく変わった。’06からは「場合の数・確率」が頻出。それ以外では微分・積分や図形と方程式などから出されている。’10~’13は[1]で場合の数・確率、[3]で数学Ⅲの微分・積分の問題が続けて出題。’14は[1]で場合の数・確率、[2]で数学Ⅲの微分・積分、[3]でベクトル。問題の形式と傾向が大きく変わった’12は基本的な問題を組み合わせた問題で、’13は難しくはないがどの問題も複数の単元の絡んだ総合的な問題で、’14はどの問題も中堅~上位私立大レベルの問題集などによくありそうな問題であった。

【対 策】

「場合の数・確率」や数学Ⅲの「微分・積分」が頻出であるが、他にも様々な単元から出されている。出題形式・傾向が大きく変わった’12から比較的解きやすい問題が多くなっているが、過去10年で見ればそれなりに考えさせる問題が出されることも多く、’13は易し目とはいえ総合的な問題ばかりで、その場で考える能力もある程度試されていた。中堅~上位私立大レベルの典型問題はどの単元も一通りこなして穴をなくし、その上で、中堅~上位国公立レベルの少し総合的な問題もこなして対応できるようにしておいた方がいいだろう。問題は3題であるが制限時間が60分と短いので過去問で時間配分にも慣れておこう。

英語 ― 岩手医科大学

英語 ― 岩手医科大学

合否を分けるのは記述パート、和英とも「書ける」ようにしておくこと

表:出題傾向分析 - 英語

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

出題傾向、内容とも特に変化はなく、英作文を含め基礎~標準レベルの問題で構成されており、特に短文完成は1問も落とせないほど教科書通りの出題。整序英作文は日本語のリードがないためやや考えたとしても、語群は多くないので文法・語法力で解決できる。また英作文も例年どおりの教科書重視の基本問題で、文法や頻出表現をきちんと習得できていれば全く問題ない。長文も変わらず短い英文2問で空所補充や和訳など定番の内容。和訳は平易だが、差がつく箇所は、不定詞の意味上の主語の訳し方で、こういう点を日頃からどれだけ意識しているかが解答に出るだろう。語形変化を求める空所補充は平易。和訳や要語形変化空所補充、英作文など、記述部分で確実に得点できれば合格点をとるのは難しくない。

【対 策】

総じて難問は出題されないが、特に文法問題については圧倒的に基礎~標準レベル中心なので、俗に英頻(=頻出問題演習)といわれる問題集を隅から隅までこなしておけばほぼ抜かりはない。また英作文についても特別な練習は不要で、標準的(教科書的)な文法力と語彙の用法にある程度通じていれば合格点がとれる。実戦で確実に得点を重ねるためには、文法事項の表面をただなでるだけでなく、各文法事項を用いて代表的な例文が書ける域まで達しておくことだ。長文対策というものが必要なほど長い英文は出題されないが、下線部和訳や英作文、語形変化を要する空所補充など記述パートでの出来が合否に大きく関わってくると思われるので、それぞれに応じた対策は必須だろう。

化学 ― 岩手医科大学

化学 ― 岩手医科大学

入試の基本的な定番問題中心。基本的な計算問題も

表:出題傾向分析 - 化学

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問4題の出題が多いが、’09及び’12以降では大問5題の出題になっている。例年特に難問は見当たらない基本的な問題から標準レベルの問題の出題になっている。’11ではやや難化した感じがあり、近年では年度によって問題の難度にややばらつきがあるように感じる。’14では[1]で塩に関する問題。[2]では燃料電池に関する問題で計算問題も含まれている。[3]では無機化学で金属の単体の性質に関する問題。[4]ではタンパク質とアミノ酸に関する問題で等電点の計算問題などが出題された。[5]ではデンプンとグルコースに関する問題が出題されている。近年は電離定数の取り扱い(’13ではなかったが)と天然物化学の問題が多く出題される。

【対 策】

例年、基本問題から入試の定番問題を中心とした問題構成になっている。教科書を中心とした基本内容をしっかり学習するだけではなく、入試用の問題集で受験の頻出問題や定番問題を確実に学習する必要がある。ミスを誘発しそうな問題も見当たらないし、新傾向の問題も例年ほとんど出題されることはない。また、計算問題の量がやや多い年度もあるため、単純なミスや思い違い、計算ミスなどをしがちな受験生は注意が必要になる。また、天然物化学に関する出題も最近では必須であるため基本的な知識の習得から、やや応用的な内容まで確実にやりこんでおきたい。論述形式の問題は例年出題されていない。本番では取りこぼしを最小限にするように気をつけたい。

生物 ― 岩手医科大学

生物 ― 岩手医科大学

出題分野が少なく、時間的に余裕もあるのでミスに注意

表:出題傾向分析 - 生物

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問3題となった。1題は光学顕微鏡の扱いとミクロメーターの計算問題で、名称・ミクロメーターの種類・倍率を変えての計算・顕微鏡の扱いと見え方が出された。1題は3種類の生物のからだの成分を比べた問題で、表から物質を決めるもの・生物の固定の問題が出された。1題は重複受精に関する問題で、正誤問題が出された。全体としては基本的な問題であるが、ミクロメーターを使った問題は、倍率を変えながら計算を行う問題の変形問題で、内容を理解するのに時間がかかりやや難しい。また、成分の割合から物質を決める問題も、植物と動物と大腸菌の成分を覚えていないと解くのは難しい。時間は十分にあるので、推敲し高得点を目指したい。

【対 策】

’09は総合問題が入り、’12では大問3題の3分野となったが’13では大問5題となり、’14はまた大問3題に戻った。まだまだ分野が少ないので、苦手な分野を作らないことが第一である。各分野の内容は意外と多く、基本的には語句を答えさせる問題ではあるが、計算問題が多くなった。現象の説明や、実験に関する考察を聞かれることが多く、病気や病気の予防と対処方法も良く出される内容である。核酸とタンパク質合成は必須であったが、’14は顕微鏡、細胞の組成、生殖と発生の3分野となり、出題内容を毎年変更しているので注意しよう。いずれにせよ基本的な内容が多いので、ケアレスミスのないようにしよう。

物理 ― 岩手医科大学

物理 ― 岩手医科大学

原子や交流も出題される、しっかりと準備をしておくこと!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問3題で構成され、力学、原子、電磁気からの出題である。力学は糸でつながれた二つの物体の鉛直方向の等加速度運動の基本的な問題が出題され、原子は光電効果の典型的な問題が出題されている。電磁気は抵抗とコンデンサーを含む直流回路であり、電気容量の変化にともなう仕事も出題されている。全体的に解き易い問題となっているが、光電効果は確かな知識がないと解けないので、しっかりとした準備が必要である。直流回路は典型的な問題なので解いたことがない受験生はいないだろう。試験時間の45分で全問解くことは可能であり、原子の出来で合否が決まっただろう。単位の付け忘れや計算ミスなどのケアレスミスには十分な注意が必要である。

【対 策】

基本問題から標準までをしっかりと解いておくこと。力学は全般的に出題されるので、万有引力なども含めて幅広く学習しておくことが必要である。電磁気ではコンデンサーを含む直流回路とRLC直列回路を含む交流を中心に、電磁誘導や電流が磁場から受ける力、ローレンツ力による荷電粒子の運動なども学習することが必要である。熱力学では典型的な問題を全問正解できるようにしておくことが必要である。しばらく出題がなかった原子も’09,’11,’12、’14に出題されたので、典型的な問題は解いておくことが必要である。すべての問題が「高得点を獲得できる問題」なので、単位の付け忘れなどのケアレスミスをしないことも大切である。

私立医歯学部受験攻略ガイド ダイジェスト版を無料でプレゼント!

毎年10月にメルリックスから発行されている「私立医歯学部受験攻略ガイド」から、
半分程度のデータを抜粋した『ダイジェスト版』が出来上がりました。
こちらをご希望の方に、無料でプレゼントいたします。

今すぐ資料請求する

ページトップへ戻る

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

Copyright (c) MELURIXGAKUIN All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている画像及び文章等、一切の転載を禁止します。