杏林大学の医学部入試対策情報

医学部入試対策ドットコム、歯学部入試対策ドットコムは
医学部・歯学部 専門予備校のメルリックス学院が提供しています。

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

  • home
  • 大学別入試対策 ― 杏林大学

大学別受験対策

杏林大学

数学 ― 杏林大学

数学 ― 杏林大学

制限時間に気をつけ解ける問題を確実に。誘導に上手く乗ろう

表:出題傾向分析 - 数学

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

時間は60分。誘導形式の問題が中心であるが、時間内に完答するのは難しい量の年が多い。頻出単元は数学Ⅲの微分・積分、旧課程数学Cの行列、式と曲線(特に楕円)、数学Bのベクトルなど。’12と’13には極方程式の問題も出されたので注意。誘導に従っていけば答えの出る問題がほとんどであるが、誘導に乗るのが難しい問題が入っていることも多く、また、上手く誘導に乗れたとしても手早く解くことが要求される年が多い。試験本番では完答を狙わず解きやすいものから解いていくべきだろう。’13と’14は私立大上位~上位国立大レベルの問題を解き慣れていないと誘導の意図をつかむまでに苦戦しそうな問題が目立った。

【対 策】

誘導に乗り速く正確に解くことが要求されている年が多く、’13と’14は誘導の意図を読みとるがやや難しいと思われる問題が目立った。頻出である数学Ⅲの微分・積分、数学Bのベクトル、旧課程数学Cの行列などについては私立大上位~国立大上位レベルの問題集に載っているような典型問題を速く・正確に解く練習をしておきたい。私立大上位~国立大上位レベルの問題集を徹底的にやりこみ全範囲での知識の穴をなくしつつ計算スピードをつけ、その上で、ここ5~6年程の過去問を通して時間配分や誘導に慣れておくとよいだろう。試験当日は完答を狙わず、解きやすいものから解き「取れるものを取る」姿勢で行ったほうがよいだろう。

英語 ― 杏林大学

英語 ― 杏林大学

時間的には余裕なし、できるだけ長文に時間を割けるよう入念な対策を

表:出題傾向分析 - 英語

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

出題形式、内容には全く変化なし。長文2問が後半に配置されているのも’13同様。文法は、短文完成、誤文訂正と会話文。短文完成15問、誤文訂正10問も変わらず。例年同様、基礎的な文法事項に加え、慣用表現や標準かもしくはやや上レベルのイディオム、名詞と前置詞とのリンクや頻出語の別の意味などさまざまだ。また特に文中の品詞を問うものも数問あるので注意したい。長文はどちらも長くはないが、医師に必要なものは何かを述べる英文2は幾分読みづらかったかもしれない。設問は例年どおりの出題形式で、内容合致、文中の語句補充、文のタイトル、英文から推論できることは何かなど。文中に登場する研究者の名前など各選択肢のキーワードを予め拾っておき、効率的に解き進めたい。例年、時間的な余裕はあるとは言えないので、特に文法パートは極力時間をかけず、迅速に処理できるよう入念な準備が必要だ。

【対 策】

従来と同様の傾向を見据えて対策をするとなると、まず何より文法・語法に対する習熟は欠かせない。短文完成(4択問題)と誤文訂正の演習を徹底的にやること。独特の慣用表現やイディオムも問われているので、専用の表現集を自分で作って常に携帯し、頻繁に目にするよう心がけたい。各単語は文の中で有機的に機能する生きたパーツなのだという意識がほしい。誤文訂正は、やや難レベルのものまで網羅しておくと安心だ。早慶や中央など私立文系の上位校の問題に多くあたってみるのもよいだろう。長文は、適度な長さで語彙レベルのやや高めの英文に多く触れ、内容の真偽や英文から推測できること、メインテーマ、タイトルなどを考えながら、かつ各設問に答えながら読む練習を重ねること。キーワード、キーセンテンスを意識的に探しチェックすることも重要だ。東邦大や順天堂大の過去問は類似性があり演習するのに利用価値があるだろう。

化学 ― 杏林大学

化学 ― 杏林大学

全問マーク式。基本から標準レベルの問題中心。高得点が可能

表:出題傾向分析 - 化学

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

’13以降では大問3題の出題で、さらに、全問マーク式の問題形式。年々問題の内容が質も量もともに易化しているようだ。そのため合格にはかなりの高得点が必要であろうと思われる。’14では[1]でアルカリ型の燃料電池の問題と電気分解に関する問題。[2]では芳香族化合物の構造の推定と単糖類の性質に関する問題。[3]では金属イオンの定性分析に関する問題が出題された。いずれも受験の定番問題であり解答に苦しむことは考えられない。以前は問題内容がとらえにくかったり、やや難しい理論化学の計算問題も出題されていたが最近では全く見られない。ここ数年間で問題の内容が大幅に易化しており、今後も急激に難化したりすることはあまり考えられない。

【対 策】

以前の杏林大学の問題ではやや難しい出題も見られたが、最近では解答に窮するような問題はほとんど見られず、’12以降では問題内容もかなり易化している。受験の定番問題や頻出問題をしっかりと学習できていれば解答に苦しんだりすることはないと思われる。しかし、知識があやふやだったりすれば基本的な問題であればこそミスや誤答が現れがち。教科書の範囲の内容を脚注や発展学習も含めて確実に仕上げ、受験用の問題集や予備校のテキストなどを用いて定番問題の解答方法や考え方をしっかりと覚えておく学習が必要。また、やや計算問題の量が多いこともあるので、解答に時間をかけずに立式する学習や計算方法などを見つけておく必要がある。

生物 ― 杏林大学

生物 ― 杏林大学

今までとは異なる分野からの出題がみられる

表:出題傾向分析 - 生物

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問4題となっている。1題は小問4問の構成で、呼吸・自律神経・酵素からの出題であった。1題は眼に関する内容で、構造・視細胞の波長感受性・網膜等の計算・視野の実験が出された。1題は生殖細胞に関する内容で、精子形成・染色体の組み合わせ・細胞周期が出された。1題は生物の集団に関する内容で、生存曲線・個体の産卵数・増殖率・密度効果・種間競争・相変異が出された。各項目の語句を聞いたり、用語の説明を求める問題は少なく、実験を中心とした問題が多い。問題そのものは基礎・基本的な内容が多いので、教科書中心の学習で対応できる。計算問題は一般的な内容であるが、今までとは異なる分野からの出題が見られた。

【対 策】

各分野ともに、普段は覚えない内容や語句を解答として求めている。そのため、教科書の内容では不足する。図解や参考書の説明文だけでなく、図やグラフ・実験の目的や実験器具・方法・結果なども覚えるようにすると良い。特に図解に載っているいろいろな図の説明や用語はすべて覚えておくことを勧める。また、実験も普段から内容をまとめて考察を書く練習をするとよい。問題集の実験問題を積極的に解いて、考察を先生や講師の方に添削してもらうと良い。教科書に載っている内容と生物用語はすべて覚えるのは当然のことである。また、過去には出題されなかった分野からも出題されたので、苦手分野は作らないようにしよう。

物理 ― 杏林大学

物理 ― 杏林大学

難度が下がっているからこそケアレスミスなく解くことが大切!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問4題で構成され、力学、 波動、熱力学、電磁気からの出題である。力学は人工衛星の運動で万有引力の問題として典型的である。波動は開管と閉管の共鳴の典型的な問題であるが、複数の管による共鳴は慎重に考える必要がある。熱力学は液体の気化を中心に気体の状態変化も含まれている。電磁気は電流計と電圧計の測定誤差を扱う問題とソレノイドコイルの自己誘導と相互誘導の問題である。解き慣れた問題が多いなかで、液体の気化と気体の状態変化では選択する数の指定がないので問題の題意をしっかり読み取らなくてはいけない。昨年よりも若干難度は下がっているが、試験時間に対して問題数が多いので、時間配分に注意が必要である。

【対 策】

標準~やや難度の高い問題までをしっかり解いておくこと。全分野から出題されるので、苦手な分野ややり残した分野はなくしておくことが大切である。’08から全問マーク式になり、問題数が多くなり、さらに難度の高い問題も増えているため時間が足りない状況になっていた。’12からは試験時間が50分になり、やや難度が下がり、’13と’14はより難度が下がっているが、試験時間に対して問題が多めなので時間配分に注意が必要である。日頃から問題を解くスピードと正確性を上げておくことが必要である。今の難度から以前の難度まで上がることも想定して、やや難度の高い問題も解いておくほうが良いが、まずは標準問題を完璧にすることをすすめる。

私立医歯学部受験攻略ガイド ダイジェスト版を無料でプレゼント!

毎年10月にメルリックスから発行されている「私立医歯学部受験攻略ガイド」から、
半分程度のデータを抜粋した『ダイジェスト版』が出来上がりました。
こちらをご希望の方に、無料でプレゼントいたします。

今すぐ資料請求する

ページトップへ戻る

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

Copyright (c) MELURIXGAKUIN All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている画像及び文章等、一切の転載を禁止します。