昭和大学の医学部入試対策情報

医学部入試対策ドットコム、歯学部入試対策ドットコムは
医学部・歯学部 専門予備校のメルリックス学院が提供しています。

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

  • home
  • 大学別入試対策 ― 昭和大学

大学別受験対策

昭和大学

数学 ― 昭和大学

数学 ― 昭和大学

上位私立大入試レベル典型問題の解法をしっかり身につけよう

表:出題傾向分析 - 数学

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

「確率と確率分布」(新課程数学A・B、旧課程数学C)が’08~’10に[4]で出され、’12は[1]の(3)が条件付き確率、’11,’13,’14には出されなかった。極限も’11には出されなかったが頻出。’11から行列の問題が続いている。他には数列、三角関数、ベクトル、微分・積分などが頻出。[1]は小問集で[2]は誘導問題となっていることが多く、[3]と[4]は誘導だったり小問集だったり。上位私立大受験レベル典型問題の解法を身につけてその場でじっくり考えれば解ける問題が中心。’11以降は易しめだがやや考えさせる問題もあり、時間が足りないと思われる年もある。

【対 策】

’11,’13,’14には出されなかったが、この大学を受けるなら「確率と確率分布」をしっかりやっておいた方がよい。他大学ではあまり出されない単元だがこの大学では出題頻度が高い。難問が出されることはあまりなく、典型問題の解法や考え方をしっかり身につけ上手く誘導に乗れば解ける問題がほとんどである。’11以降は易しくなっているが、制限時間の割には分量がやや多めでそれなりに手間がかかる問題が出される年が多い。難問を解くよりも、まずはしっかりと基礎を固め、上位私立大受験レベルの典型問題の解き方は一通り身につけよう。その上で過去問を解き、この大学の問題に慣れて時間配分ができるようにしておこう。

英語 ― 昭和大学

英語 ― 昭和大学

広範囲に亘る安定した英語力が求められている

表:出題傾向分析 - 英語

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

すっかり様変わりした’13入試をまたもや強烈に変えてきた’14である。発音・アクセントを同時復活させ(合わせて5問だが)、空所補充問題を5問増やして15問に。そしてメインと言える読解問題を2題(いずれも医療関連の英文)にして一方を日本語なしの整序問題形式に、また一方は内容合致問題に和訳などを加えた。もともと形式に揺れがあるので、本書を読みきちんと受験勉強をしてきた者は動揺しなかったかもしれないが、かなりの変化だ。少し難度が上がったと言えるかもしれない。ただし、Ⅱ期試験は今までに近い形式であった。読解の内容合致の正解精度を高めることと、和訳と整序問題に慣れておくことを心がければ、いわゆる受験勉強で乗り切れるレベルではある。

【対 策】

内容合致のみの読解形式が特徴的だった’08まで、また時間短縮に踏み切った’10と’12。さらに、すっかり様変わりしたようにも見える’13と’14。形式は常に揺れがある、と思っておいた方が良さそうだ。ただ、安定した語彙力と文法力がなければ合格におぼつかないのは、毎年同じだし、今後もそうだろう。発音・アクセントは満点対策を。空所補充問題、整序問題、誤箇所指摘問題(これも復活を念頭に)などは受験生として必須項目なので数多くこなしておこう。出題形式に左右されない安定した英語力をつけることを目標にし、また過去問を十分にこなせば、合格の2文字が見えてくるだろう。

化学 ― 昭和大学

化学 ― 昭和大学

定番問題と標準問題からの出題。生命科学からの出題に注意。

表:出題傾向分析 - 化学

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問5~7題程度の出題が例年続いているが、’14ではⅠ期、Ⅱ期ともに5題の出題であった。大問の数はやや多いように感じるが計算問題も複雑ではなく、論述問題も短い論述なので量の問題はそれほどない。しかし、例年Ⅰ期、Ⅱ期とも空所の数がやや多く、生命科学に関する知識が必要な問題も多く出題されている。’14ではアミノ酸の構造や性質に関してⅠ期、Ⅱ期ともかなり深い内容が出題された。近年では’10では植物の必須微量元素に関する問題や、サポニンの洗浄作用なども出題されたり、Ⅱ期では電子軌道の話題が出題され戸惑った受験生も多かったと思われる。また、’11では炭酸水素ナトリウム水溶液のpHを求める計算問題が出題され難しかった。

【対 策】

’14では空所補充問題の割合が減少し、Ⅱ期では[2]のみであったが、例年空所補充の問題が多く出題されかなりの割合を占める。また、生命科学に関する問題がかなり深い内容で出題されることも多いので、可能な限りそうした話題や問題には触れておくようにしておきたい。さもないとかなり戸惑うことになる。全般的には難しい空所補充の問題はほとんどないので、受験で空所補充の対象になりやすい用語をしっかり整理してまとめておけばある程度の対処は出来ると思われる。また受験の定番問題をきっちり仕上げる努力をしておきたい。特に物理選択者は生命科学に関する問題に弱いのでしっかりと対策をしておく必要がある。

生物 ― 昭和大学

生物 ― 昭和大学

分野は限られているが、内容を細かく聞いてくるので注意

表:出題傾向分析 - 生物

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問4題となっている。1題は細胞周期に関する内容で、細胞周期を進めるチェックポイント・動物細胞と植物細胞の細胞質分裂の違い・細胞周期の計算・がん細胞の特徴が出された。1題は細胞膜に関する内容で、細胞膜の構造・細胞膜の輸送・細胞接着が出された。1題は光合成に関する内容で、葉緑体の構造・光合成・C4植物・CAM植物が出された。1題は肝臓に関する内容で、構造と働き・オルニチン回路・胆汁の問題が出された。内容的には細かい部分まで聞いてくるため、時間的には余裕があるが内容はやや難しくなった。過去にはDNAの複製の方向を問う内容や、PCR法、原始地球の気温や元素含有量なども出されている。

【対 策】

例年とは異なり、細胞膜や体細胞分裂からの出題が見られる等、出題内容に変化を持たせている。各問題も空所補充、計算、記述と解答方法も変化させている。出題内容そのものは特に難しい物は無いが、文章量が多いので読むのに時間がかかり、理解するのにも時間がかかる。’14は細胞周期の計算が難しく、内容を理解するのにも時間がかかった。出題分野は毎年4分野ほどなので、苦手分野を作ると高得点を得る事は難しくなる。そのため過去に出題されていない分野を含めて学習しておく必要がある。実験問題も内容理解に時間がかかるので、文章を早く正確に読む練習をすると良い。そのためには国立大学の二次試験の実験問題を解くと良い。

物理 ― 昭和大学

物理 ― 昭和大学

見慣れない問題も出題されるが焦ることなく題意をくみ取ろう!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問4題で構成され、力学、熱力学、電磁気、波動から出題されている。力学は複数のバネによる鉛直バネ振り子の振動数と2つの振り子の衝突が出題されている。熱力学は理想気体の状態変化の問題でポアソンの式が与えられ、波動の物理量の次元解析も同時に出題されている。電磁気は磁場内の電流により生じる電位差が出題され、波動はニュートンリングが出題されている。標準的な問題が中心であるが、バネ定数の合成や次元解析は解いたことがないと厳しい。理想気体の状態変化では焦らず題意をくみ取ることが大切である。70分の試験時間でも見慣れない問題では時間がかかるので、あまり余裕はない。手早く問題を解くことが必要である。

【対 策】

基本~やや難度の高い問題をしっかり解いておくこと。見慣れない問題や難度の高い問題を解くことも大切であるが、実際に合格点に達するかどうかは基本~標準問題を失点しないことが重要であり、ポイントになる。それゆえ、あまり難問等に固執せずに広範囲に勉強をしておくことが大切である。また、見慣れない問題を解く場合の注意点は、一般に知られていない法則を用いて解く問題はあまりないので、落ち着いて問題を読み、いままで解いてきた問題と比較してみることであり、出題者の意図が理解できれば問題は解ける。毎年のように記述や描画が出題されるので準備はしっかりしておくことが必要であり、実際に自分の手でやっておくことが大切である。

私立医歯学部受験攻略ガイド ダイジェスト版を無料でプレゼント!

毎年10月にメルリックスから発行されている「私立医歯学部受験攻略ガイド」から、
半分程度のデータを抜粋した『ダイジェスト版』が出来上がりました。
こちらをご希望の方に、無料でプレゼントいたします。

今すぐ資料請求する

ページトップへ戻る

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

Copyright (c) MELURIXGAKUIN All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている画像及び文章等、一切の転載を禁止します。