東京女子医科大学の医学部入試対策情報

医学部入試対策ドットコム、歯学部入試対策ドットコムは
医学部・歯学部 専門予備校のメルリックス学院が提供しています。

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

  • home
  • 大学別入試対策 ― 東京女子医科大学

大学別受験対策

東京女子医科大学

数学 ― 東京女子医科大学

数学 ― 東京女子医科大学

積分計算、整数、場合の数・確率はやや上位レベルまでしっかりと

表:出題傾向分析 - 数学

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

60分で記述の大問4題。整数に絡んだ問題もよく出され、’11~’13は指数・対数と整数の絡んだ問題が続けて出され、’14の[1]は整数問題。場合の数・確率からの出題頻度も高い。他には数列、三角関数、式の計算・高次方程式、指数・対数などからも出されている。’13まで積分の計算に関する問題が入っていたが’14は入っていなかった。上位私大向け問題集によく載っているような典型問題の解法で解ける問題が多いが、それなりに考えさせる問題や、解くのに時間がかかると思われる問題が出される年もある。’11の問題はどれも解きやすいが、’12~’14はそれなりに考えさせる問題も入っている。

【対 策】

積分計算の問題については、誘導があれば基本問題であるが誘導がないために問題を解き慣れていないと苦戦しそうな問題が出されている年もある。まず数学Ⅲの積分の計算は上位私大レベルの典型問題の解法までは一通り身につけておくべき。整数の問題や場合の数・確率については、基本問題が出されている年もあればそれなりに考えさせる問題が出されている年もあるので、これらについては上位国公立レベルまでしっかりやっておこう。その他の単元についても同様。面倒な問題やそれなりに時間をかけて考えて解くことになると思われる問題が混ざっている年もある。まず解きやすそうな問題から解くようにして、過去問を通して時間配分に慣れておこう。

英語 ― 東京女子医科大学

英語 ― 東京女子医科大学

情報をすばやく読み取る。会話文も重視

表:出題傾向分析 - 英語

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

以前は様々な形式を試してくる傾向があったが、ここ数年でパターンが定着してきている。大問4題で、[1]読解問題、[2]文整序によるパラグラフ完成問題、[3]データを読み取る空所補充問題、[4]データ付の会話文問題である。[1]の読解には、内容合致の他に、タイトル選択問題、和訳、問いに対して意見と理由を書かせる英作文(25語以内指定)がある。’14は遺伝子組み換え食品について。[2]の文整序問題は’06より定着している。[3][4]のデータは、図表、グラフ、地図など様々だが、本学の特長。情報をすばやく読み取るスキャニングの練習をしておくとよい。また、会話形式の問題にも常に重点が置かれているので、会話問題にもたくさんあたっておくとよいだろう。

【対 策】

まず過去問を10年分位解いてみよう。すると、いかに様々な形式が問われてきたかがわかり、バランスのとれた学習が必要との結論に至る。ここ数年、文法分野の出題はないが、書き換えができるレベルを求められたこともあった。グラフ、図表の読み取りにしても、情報を英語や数字で記述させたり、表に記入させたりもした。会話文をベースにした形式が極端に多い年もあった。和訳の練習も必要。英作文は10~30語程度の自由作文ができるレベルに。形式が一定化してきているとはいえ、安定した実力は土台にないといけない。しかし、難問や難語が出ることはなさそうなので、いかに高得点できるかが合否のカギとなるだろう。

化学 ― 東京女子医科大学

化学 ― 東京女子医科大学

化学の全範囲からもれなく出題。[1]の小問集合が難しい?

表:出題傾向分析 - 化学

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

例年大問5題の出題が続いているが、’09以降では、[1]で小問集合問題と[2]の大問はマーク式の問題になった。’14では[1]で12問。理論、有機、無機の全範囲からもれなく出題されている。やや解答に厄介な問題があったり、ともすると時間がかかりすぎたりしそうな問題の集合である。[2]以降は定番問題の集合問題であるが問題量がやや多く感じる。固体の溶解度、中和滴定、冷却曲線、芳香族化合物の合成、タンパク質とアミノ酸、油脂に関する問題が出題されている。しっかりと入試用の学習ができていれば高得点が可能な問題内容である。また、実験や試薬の取り扱い方などの問題が出題されることもある。7割程度でボーダーライン、8割以上で安全圏か?

【対 策】

[1]の小問集合の問題がやや解答しにくい。化学の全範囲から万遍なく出題されているため学習漏れは厳禁。また、問題数もやや多いように感じるので問題を速やかに解けるように練習をしておく必要もあると思われる。入試の標準的な問題集を使って頻出問題や定番問題を確実に正答することができるようにしておきたい。また、’14では芳香族化合物の合成の実験問題が出題されたり、過去には水蒸気蒸留に関する実験問題が出題されたり、実験問題からの出題も多いため、そうした分野にも注意を払っておきたい。教科書の全範囲をもれなくしっかりと整理し、受験用の問題集を一通り確実に仕上げる学習をしておきたい。

生物 ― 東京女子医科大学

生物 ― 東京女子医科大学

文章量が多いが、時間的には余裕があるので慎重に解こう

表:出題傾向分析 - 生物

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問5題となっている。毎年大問数が変わるが、’14は’13と同様に5題となっている。1題は呼吸に関する内容で、電子伝達系・解糖・アルコール発酵の問題が出された。1題は種子の発芽に関する内容で、発芽の仕組み・アブシシン酸・ジベレリンの問題が出された。1題は核酸に関する内容で、DNAとRNAの構造・コドン・アミノ酸配列n問題が出された。1題は花の色に関する遺伝の問題であった。1題は進化に関する内容で、地質年代・化石の種類・分布の問題が出された。各問題は文章量が多く、実験問題や遺伝が多く出されている。時間的には余裕があるので、平均点は思ったよりは高いと思われる。ミスのないように解きたい。

【対 策】

実験問題と遺伝が中心であったが、生態系や進化や分類の問題も多くなってきている。文章量が多いので、内容を理解するのに時間がかかるが、時間的には余裕があるので焦らずに解くと良い。分野が変わってきているので、苦手分野を作らないように、教科書に載っている語句はすべて説明できるようにしておきたい。語句の意味を取り間違えただけで解答が逆になることもある。注意して覚えよう。実験は少なくなってきたが、それでも図解に載っている実験の目的や器具・方法・結果に関しても覚えるようにしよう。特に、目的は十分に理解して、実験に関する考察を考えるのも良い。問題集も多く解いて、語句の確認と実験問題の解き方を覚えよう。

物理 ― 東京女子医科大学

物理 ― 東京女子医科大学

’15は難度が上がると予想される、しっかりとした準備が必要!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問3題で構成され、力学、波動、電磁気からの出題である。力学は斜方投射された物体と振り子の衝突の問題が出題されている。波動は凸レンズによる像の問題で、焦点や焦点距離の説明の記述問題、凸レンズによる像の作図なども2題出題されている。電磁気は荷電粒子の電場と磁場内での運動の問題で、円運動の軌跡の作図や粒子の速度の時間変化のグラフの作図も出題されている。標準問題が中心であり、’13より解き易い問題が多く、’12,’11,’10と同じぐらいの難度になっている。特に記述や作図が多いので、日頃から丁寧に学習しているかが試されている。試験時間に対して問題は多くないので、手早く解いていけば全問解くことはできる。

【対 策】

標準~やや難度の高い問題までをしっかり解いておくこと。’14は’06,’07,’10,’1,’12と同様に難度の高い問題の出題はなかったが’13,’08,’09はやや難度の高い問題も出題されているので、しっかり準備をしなくてはいけない。また、’10では出題のなかったグラフの描図が’11,’12,’13,’14では出題されている。グラフの描図を含む記述はよく出題されるので、しっかり練習をしておくことが必要である。力学では難度の高い単振動も出題されるので、やや応用性の高い問題もしっかり学習しておくこと。解答の過程の記述をするので、日頃から見せられる答案作りを心掛けておくことも必要である。

私立医歯学部受験攻略ガイド ダイジェスト版を無料でプレゼント!

毎年10月にメルリックスから発行されている「私立医歯学部受験攻略ガイド」から、
半分程度のデータを抜粋した『ダイジェスト版』が出来上がりました。
こちらをご希望の方に、無料でプレゼントいたします。

今すぐ資料請求する

ページトップへ戻る

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

Copyright (c) MELURIXGAKUIN All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている画像及び文章等、一切の転載を禁止します。