日本医科大学の医学部入試対策情報

医学部入試対策ドットコム、歯学部入試対策ドットコムは
医学部・歯学部 専門予備校のメルリックス学院が提供しています。

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

  • home
  • 大学別入試対策 ― 日本医科大学

大学別受験対策

日本医科大学

数学 ― 日本医科大学

数学 ― 日本医科大学

難易度は戻った。数学ⅢCなどの頻出単元は国公立大レベルまで

表:出題傾向分析 - 数学

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

90分で’09以降は全3題。[1]は穴埋めか結果のみを書く形式で小問集か誘導。[2]以降は上位国公立~難関大レベルの問題が中心で、微分・積分や極限が最頻出、空間ベクトルや数列の問題、および図形の絡んだ総合的な問題も多い。「確率と確率分布」(旧課程数C、新課程数B)等の問題も出されている。[1]は比較的簡単なことが多いが[2]以降はじっくり考えさせるボリュームのある問題となることが多い。’12は[2],[3]がともにベクトルの絡んだ問題。’13は易化しどれも国公立大レベルの典型問題であったが、’14の[2]と[3]の後半はその場で考える実戦力がないと解法を思いつかないだろう。

【対 策】

[1]は簡単なことも多いが考えさせる問題も出されている。[2]以降は、’13は易化して国公立大レベルの典型問題ばかりであったが、思考力を要求する問題やボリュームのある問題となっていることが多く、上位国公立~国立難関大レベルの問題であることが多い。’14の[2]と[3]はどちらも数学Ⅲの微分・積分の問題であったが、この2題の後半のような問題の解法を思いつくにはかなりの実戦力が要る。まずは上位私立大レベルの典型問題はどの単元も一通り固め[1]や[2],[3]の前半の易しめの問題は確実に取れるようにしておき、[2],[3]の後半に対しては上位国公立大レベル以上の問題集で実力をつけておこう。

英語 ― 日本医科大学

英語 ― 日本医科大学

文脈に応じた英語表現補充が定着か、総じて確かな記述力をつけること

表:出題傾向分析 - 英語

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

’13に引き続き、英作文の単独問題は出題されず、大問が3つですべて長文問題。従来の特色はそのままで、長文の中に発音・アクセントや誤文訂正、整序英作文、同意表現など文法や語彙関連の問題をうまく散りばめている。長文中での必要に応じた語形変化を求める記述式空所補充は変わらず出題されているが、下線を引いた各語の同意語を記述させる問題はなくなった。また、近年長文中の空所に文脈に合った英語表現を考えて入れる問題が出題されるようになり、英作文とはいえないまでも空所に複数語を補うものも含めると6ヶ所も見られ、’13に比して倍増している。和訳や説明問題は4問で’13より負担増だが、難度は下がっている。総じて言えば、和訳や英語表現補充など記述問題でどれだけ得点できるかが勝負の分かれ目になりそうだ。

【対 策】

ざっと見た目だけでは単純に長文のみの対策をすればよいといえる内容だが、設問が文法・語法、語彙面を含めた深い実力を問うものが多いので、出題形式に合わせた演習をじっくりとやっておく必要がある。特徴的なのは、英作文の大問がなくなった代わりに、長文中での文脈を考慮に入れた空所語句補充が増えていることだ。これは、普通の英作文と違って明確に書くべきことが提示されていない分難度は高いので、日頃から英文を読む際には常に文脈や意味の前後関係への配慮を心がけたい。また語形変化を求める空所語句補充問題は定番なので対策は必須。和訳問題で確実に得点するには、文法の基礎的知識はもちろん、動詞の語法や動詞と前置詞のリンクなどに深く精通し、直訳ではない、相手に一読で伝わる訳文を作る演習をしておくこと。言うまでもなく、語彙力の増強も必要だが、ただ数を増やすのではなく、各語の用法、文中での働き方に注目した「実戦で使える」語彙力を身に着けるよう努めたい。

化学 ― 日本医科大学

化学 ― 日本医科大学

問題の難易度はやや高い。精度の高い知識も必要

表:出題傾向分析 - 化学

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

例年、大問4~5題程度の出題であり、’14では4題からの出題であった。問題量がやや多く、問題レベルも高い。近年では生命科学や天然物化学に関する問題が頻繁に出題されている。’14では[1]で炭酸ナトリウムを題材にした問題。ソルベー法や電離定数に関する問題が出題された。[2]では電気分解を題材にした問題で気体の圧力の問題も出題された。[3]では有機化合物の分類に関する問題でアルコールの性質に関する問題も出題された。[4]ではビタミンC(アスコルビン酸)を題材にした問題で酸化還元反応の問題が中心に出題された。例年、やや煩雑な計算問題が見られたり、また、天然物化学に関する問題では伝統的にやや深い知識が問われることが多い。

【対 策】

例年、大学入試の定番問題や頻出問題を中心とした出題が続いている。問題レベルがやや高いとは言え、受験用の問題集を中心にしてしっかりと演習をしていれば充分に対応できる問題内容である。近年の出題では天然物化学に関する問題も多く感じる。また、文字数制限の論述問題に対して要点をついた論述力も身につけておきたい。受験生のレベルを考え合わせるとケアレスミスなどは致命的であろう。計算問題も例年少なからず出題されているので、確実にミスなく方程式をたてミスなく計算を行う力が必要であるし、得点をロスしないためには精度の高い知識が多方面に対して必要である。基本的な知識の習得(暗記)と計算力が必要。

生物 ― 日本医科大学

生物 ― 日本医科大学

実験問題は長いので文章をよく読むこと

表:出題傾向分析 - 生物

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問3題となっている。1題は植物ホルモンに関する内容で、オーキシンの実験問題であった。1題は浸透圧調節に関する内容で、海産硬骨魚類の浸透圧調節・ヒトの尿形成の問題が出された。1題は遺伝子発現に関する内容で、説明文とデータから考察する問題が出された。実験問題中心であるが文章量が多いのも特徴の一つである。内容が図で表してあれば理解しやすいが、文章だけなので難しい。特に遺伝子の実験問題が文章量が多く、内容を理解するのにも時間がかかる。他の問題が一般的な内容なので差が激しい。’12はトランスジェニックやアポトーシスに関する問題も出された。自分の知識を増やし、実験内容を理解することが問題を解く鍵となる。

【対 策】

語句を正確に覚えておくことは必須条件である。教科書を用いて用語のまとめを行い、問題集の空所補充や語句記入を多くこなして知識の定着を図ろう。次に、図説を用いて各細胞や組織の模式図を覚えるとともに、実験も覚えるようにしよう。特に実験問題は実験そのものを覚えている方が内容を理解しやすく解きやすい。計算問題も基本的な内容が多いので、計算で失点すると致命的となる。代表的な計算問題は問題集を利用して何度も解いて解き方を理解し、覚えるようにしよう。実験問題も同様である。また、分野の偏りがないので、不得意分野を作ることは危険である。生物全範囲に目を通し、しっかりと覚えるようにしよう。

物理 ― 日本医科大学

物理 ― 日本医科大学

見慣れない問題では問題をしっかり読んで、題意をくみ取ろう!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問4題で構成され、力学が2題、電磁気、波動が各1題ずつ出題されている。力学の1題目は固定されていない木材への弾丸の打ち込みとヤジロベエが出題され、電磁気は交流回路でのRLC並列回路が出題されている。力学の2題目はU字管での水棒の単振動が出題され、波動は水面波の速さとドップラー効果、閉管の共鳴が出題されている。標準問題が中心であるが、波動は易しく、ヤジロベエとU字管での水棒の単振動は類題を解いたことがない受験生には厳しかっただろう。見慣れない問題でも、落ち着いて題意を読み取ることが大切である。時間にあまり余裕がないので、手早く解くことも必要であり、優先順位を考えながら解くことも大切である。

【対 策】

標準~やや難の問題をしっかり解いておくこと。’06からは標準的な問題が中心となっているので、解き易くなったが、以前のように難度の高い問題が出題されることも考えられる。また、難度は高くなくても組み合わせレンズや人の目のレンズ、ヤジロベエ、U字管での水棒の単振動、ガウスの法則、重心速度、断熱変化のポアソンの式、フェルマーの原理などのような出題の少ない問題や見慣れないタイプの問題もあるので、苦手な分野ややり残した分野はなくしておくことが大切である。また、日頃から問題を素早く読み、把握し、手早く解くことを心掛けておくことも重要で、時間に余裕ができ、そのことがケアレスミスを減らすことにつながる。

私立医歯学部受験攻略ガイド ダイジェスト版を無料でプレゼント!

毎年10月にメルリックスから発行されている「私立医歯学部受験攻略ガイド」から、
半分程度のデータを抜粋した『ダイジェスト版』が出来上がりました。
こちらをご希望の方に、無料でプレゼントいたします。

今すぐ資料請求する

ページトップへ戻る

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

Copyright (c) MELURIXGAKUIN All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている画像及び文章等、一切の転載を禁止します。