聖マリアンナ医科大学の医学部入試対策情報

医学部入試対策ドットコム、歯学部入試対策ドットコムは
医学部・歯学部 専門予備校のメルリックス学院が提供しています。

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

  • home
  • 大学別入試対策 ― 聖マリアンナ医科大学

大学別受験対策

聖マリアンナ医科大学

数学 ― 聖マリアンナ医科大学

数学 ― 聖マリアンナ医科大学

数学B・Ⅲ・Cだけでなく全範囲の基本・典型問題をしっかりと

表:出題傾向分析 - 数学

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

90分で大問4題。穴埋めと記述。’12まで「ベクトル」「行列」「微分積分」の問題が毎年出され、あとは「数列の極限」や「数列」からと、数学B・Ⅲ・Cからしか出されていなかったが、’13,’14は数学Ⅰ・Ⅱからも出された。その点では’13から傾向が変わったといえるが、問題の雰囲気や難易度についてはそれほど大きな変化はない。上位私大レベル問題集で見るような問題が中心で、年によっては問題を解き慣れていないと苦戦する問題や、計算等を上手くやらないと時間がかかってしまう問題が出されることもある。’14は[1]~[2]が中堅私大向け問題集レベルで、[3]と[4]の後半は上位私立大レベル。

【対 策】

’10から出題範囲が「数学Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲ・C」となりつつも’12まで「数学B・Ⅲ・C」からしか出されていなかったが、’13,’14はこれ以外からも出された。出題範囲の基本的な内容はどの範囲もしっかり押さえておいたほうがいいだろう。一見変則的に見えても実は上位私大レベル基本問題集によく載っている解法で解ける素直な問題が多いので、まずはそのレベルの問題集などで基礎を固めよう。年によっては計算等の面倒な問題や、やや考えさせる問題も出されている。基礎が固まったら、私大上位~中堅国立大レベルの問題集などで実戦力をつけて、過去問を解いて問題の雰囲気や時間配分などにも慣れておこう。

英語 ― 聖マリアンナ医科大学

英語 ― 聖マリアンナ医科大学

揺れ動く問題形式。しかし記述力を問う読解に変化なし

表:出題傾向分析 - 英語

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

’14は大問数が1題増えて5題になった。例年読解の中にあった和文英訳が単独問題に変わったためである。誤箇所指摘問題5問は変化なく、イディオム問題5問が接続詞選択8問に取って代わった。[1]の読解は’13を踏襲して[A][B]に分かれた形式。[2]と合わせての英文量は半ページ程増えた。内容説明に語数指定がないのも’13と同じ。2つの読解に内容合致問題がなく、その分空所補充と語形変化が増えた。[1]は、睡眠と記憶の関係に関する新研究。[2]は、ジグソーパズルの歴史に関するもの。[1]は記述中心、[2]は空所補充と語形変化のみ。[3]が英作文2問、と役割分担したような形式となった。文法系に毎年変化があるものの、日英両記述に重点を置くところは、本学の特徴である。論理的な読解力と、標準より上の語彙力を要求していることも例年通りである。

【対 策】

以前の形式を復活させる傾向もあるので、過去問はなるべく多めに解いておこう。文法問題や会話文問題など、すべて出るものと思って万全の準備をしておくべきだ。特に記述中心の読解問題は、常に歯ごたえのあるもので、日頃から実際に書く練習をしておかないと付け焼刃は効かない。和訳と内容説明に加えて英作文もあるので、小手先でない、しっかりとした英語力が要求されている。読解の内容は文系あり理系あり、なじみのない話題ありと多岐にわたっているので、幅広い分野の英文にあたっておこう。時間は90分あるので、速読というよりやや難しめの英文を精読し、力を蓄えて本番に臨みたい。

化学 ― 聖マリアンナ医科大学

化学 ― 聖マリアンナ医科大学

論述問題が激減。生命科学に関する出題が多い

表:出題傾向分析 - 化学

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

’14では大問5題からの出題であり、例年、生命の科学の分野からの出題や実験に関する出題、または生活・環境科学に関する出題も多く見られる。2~4行程度の論述問題が例年多く出題されたが、’14では激減し2問のみの出題だった。計算問題の数が増加した。’14での出題分野は[1]で化学結合や酸と塩基などの小問。[2]でキサントプロテイン反応について。[3]では水の状態図に関する問題。[4]でα-アミノ酸とDNAに関する問題。[5]ではATPに関する問題が出題されている。論述問題の題材になる用語や現象などは例年と変わらないが、それぞれの問題に計算問題が出題されていることが’12以降の出題傾向になる。

【対 策】

pHとは何か1行で説明しなさい。・・・みたいな記述しにくい設問もあるが、多くの論述問題が化学反応や化学の現象を正しく理解できているかを問う問題になっている。例年、本大学では論述問題の問題数が非常に多いため、計算問題は少なかったが、’12以降では論述が徐々に減少し計算問題が比較的多く出題されている。しかし、数問は出題される論述の対策としては対象になりそうな現象や化学反応、あるいは語句説明文に使われそうな科学用語についてはしっかりと記述する練習をすること。化学的に正確な解釈を覚えておきたい。また、論述問題は過去問と同じ題材が使われることが多いので、過去に出題されている論述の用語などはしっかりと練習しておくとよい。

生物 ― 聖マリアンナ医科大学

生物 ― 聖マリアンナ医科大学

時間に余裕はあるが、遺伝子の問題はやや時間がかかる

表:出題傾向分析 - 生物

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問4題となっている。1題は輸送タンパク質に関する内容で、ナトリウムポンプの説明・人工的に作った脂質膜とナトリウムポンプを使った実験考察問題が出された。1題は植物の分類と進化に関する内容で、分類・生活環・胚乳の遺伝・種子のタイプが出された。1題はDNAに関する内容で、DNA量・研究者・半保存的複製の考察・ヘモグロビンのアミノ酸配列・遺伝子頻度の計算が出された。1題は小問4問で、原核生物・遺伝子発現・ES細胞とiPS細胞の比較・嫌気呼吸の説明が出された。各問題は空所補充と記述の組み合わせとなっていて、計算問題も出されている。文章量も増加し、内容も実験問題が中心となってきている。

【対 策】

遺伝は必須で有ったが、新課程で遺伝の項目がほぼ乗り換えと組換えだけになったので、問題も少なくなると思われる。そのため、今まで扱いの無かった発生・器官形成・遺伝子頻度・進化と系統分類などが増えてくると思われる。進化を含め、生態系が出されると内容が多くなるので解きにくくなると思われる。また、記述は少なくなったが3行以内での説明などは出題されるので、現象や法則や回路などは説明できるように練習しておいた方がよい。いろいろな参考書や問題集の内容を覚え、実際に書いてみて先生や講師の方に添削してもらうと良い。記述は書かなければ書けない問題である。

物理 ― 聖マリアンナ医科大学

物理 ― 聖マリアンナ医科大学

典型的な問題を中心に解き慣れない問題も出題されるので注意!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

小問集合を含む大問5題で構成され、力学、電磁気、波動、熱力学からの出題である。小問集合は自己・相互誘導と変圧器、等速円運動と向心力の変化、熱機関と熱効率、ドップラー効果とうなりが出題されている。力学は物体の水中での運動をグラフから読み取らせる問題でv-tグラフの描図も含まれている。電磁気は抵抗とコンデンサーを含む回路で、極板間での電子の運動も含まれている。波動は音と光の平面波と球面波の屈折の図を選ぶ問題が出題され、熱力学は理想気体の混合の問題に断熱自由膨張も含まれている。基本~標準問題を中心に出題されているが、音と光の屈折の問題では慣れが必要。試験時間が75分あるので、手早く解けば全問解ける。

【対 策】

標準~やや難の問題まで解いておくこと。小問集合を含めて、全分野から幅広く出題されるので、苦手な分野ややり残した分野はなくしておくことが必要である。例年描画や記述が出題されているので、過去問などを通して練習をしておくことも必要である。’11は難度が’07以前と同様に高く、’08,’09,’10,’12と難度は下がっていたが’13,’14はより下がっている。’15はまた難度が上がることも予想されるので、解くスピードは上げておくことが必要である。また、’09の電磁波の種類と用途、’10の熱の伝わり方のような知識問題は以前からも時々出題されているので、教科書などに目を通しておくことを薦める。

私立医歯学部受験攻略ガイド ダイジェスト版を無料でプレゼント!

毎年10月にメルリックスから発行されている「私立医歯学部受験攻略ガイド」から、
半分程度のデータを抜粋した『ダイジェスト版』が出来上がりました。
こちらをご希望の方に、無料でプレゼントいたします。

今すぐ資料請求する

ページトップへ戻る

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

Copyright (c) MELURIXGAKUIN All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている画像及び文章等、一切の転載を禁止します。