関西医科大学の医学部入試対策情報

医学部入試対策ドットコム、歯学部入試対策ドットコムは
医学部・歯学部 専門予備校のメルリックス学院が提供しています。

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

  • home
  • 大学別入試対策 ― 関西医科大学

大学別受験対策

関西医科大学

数学 ― 関西医科大学

数学 ― 関西医科大学

基本・典型問題は速く正確に。出題範囲ならどの単元もしっかりと

表:出題傾向分析 - 数学

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

90分で大問4題。私大中堅~上位レベルの典型問題を解くための考え方が身についていれば解ける問題がほとんどだが、計算等に手間がかかり制限時間内に完答するのは難しい年もある。[1]の穴埋め小問集では私大中堅入試レベルの基本・典型問題が幅広く出され、[2],[3],[4]では数列、確率、微分・積分、ベクトル、図形と方程式、極限などから私大上位レベルの典型問題に近いものを中心に出されている。[2]~[4]のうちの一つは数学Ⅲの微分・積分や極限の問題。’11~’13は旧課程の「行列」のn乗と極限の絡んだ問題が大問で続けて出されていたが、’14は出されず[2]で数列の極限の問題が出されていた。

【対 策】

私立上位~国公立上位大レベルの典型問題の解法が身についていれば解ける問題がほとんどだが、手間のかかる問題が多く出される年もある。まずは典型問題の解法をしっかり身につけ、問題を多くこなして典型問題は速く正確に解けるようスピードと正確さを身につけておこう。旧課程中に、1次変換で直線の移動を考えるという旧課程の指導要領範囲外で一昔前の典型問題が出されたこともある。指導要領範囲外であっても問題集や参考書の「補充」などに載っている基本的な問題はやっておいたほうがよいだろう。また、他大学では出題頻度の低い「確率分布」からも出されていた。出題範囲の内容はどの単元も基本的なことは一通り身につけておこう。

英語 ― 関西医科大学

英語 ― 関西医科大学

ほぼすべて記述。読解2題。根底にしっかりとした文法力が要

表:出題傾向分析 - 英語

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

もともと他大学に見られない独特な出題形式だったが、’08から大変化をし、整序2題、読解2題という形式になり、’13で単語記述補充10問が整序5問に取って替わった。’14は細かい点を除けばほぼ’13を踏襲した形であった。[1]は短文完成問題が16問。最初の10問は身体を表す単語を選ぶ形式だが、単数複数で迷うものがいくつかある。やや難か。[2]は日本文つき整序5問で、1語だけ指定の書き出しで記入させる。易から標準。[3]は食品に添加される砂糖に関する読解。整序2問、空所補充7問。短い和訳1問。[4]は臨床看護師の役割に関する読解。内容合致1問(T/F 8問)、空所補充1問。いくつか難問もあるが、全体的には決して難しいレベルではない。日頃培った実力を落ち着いて発揮したい。

【対 策】

’04~’07は分量が多く、出題形式も独特のものだったが、’08に一気にスリム化した。内容も整序問題と読解問題のみというシンプルさ。この形式が5年続き、’13、’14で若干の変化を見せた。過去長年続いた会話文や、英訳和訳形式の誤文指摘、また発音アクセント問題の復活なども念頭に置いて、過去問に十分目を通しておくべきだろう。整序問題では、日本文にとらわれずに、英文構造から作文していくこと。また読解中の空所補充で、語形変化をさせる問題は文法や品詞の識別を問うている。内容合致(T/F問題)はパラグラフごとに点検し、特にFとなる決め手に日ごろから着目しておくとよい。英文を読む際に、文構造の把握のみならず、パラグラフ内での有機的なつながりに着目しつつ、精読を積み上げておきたい。

化学 ― 関西医科大学

化学 ― 関西医科大学

高得点が狙える問題。生命や生活に関する題材が多い

表:出題傾向分析 - 化学

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

例年大問4題からの出題である。’14の前期では[1]で芳香族化合物の分離などの問題。[2]で電気分解。[3]では熱化学の問題。[4]ではヘモグロビンを題材にした問題が出題された。また、後期では[1]で無機化学の問題。[2]でpHの計算。[3]でエステルの構造決定。[4]で糖の加水分解に関する問題が出題されている。 出題の難易度は基本的な問題から標準的な問題の出題がほとんどだが、生命科学や環境化学に関する問題が多く出題される。過去にはメタボリックを題材にした問題や医薬品を題材にした問題などが出題されている。しかし受験化学をしっかりと学習していればそれほど難問ではない。

【対 策】

例年、生命科学からの問題が多く出題されている。有機化学の問題のマスターは当然のこと・・・天然物化学の内容に関してはかなり精度が高い学習が必要になると思われる。また生命や生活と関連している問題が多く出題されている。また、計算問題も比較的多く出題されているので受験用の標準的な問題集の学習を繰り返し行うことと同時に、有機化学の分野では参考書などを中心にかなり深い知識の学習までが必要になるであろう。未習の分野を残してしまうと致命的になりかねないので満遍なくじっくりと学習を積み重ねる必要がある。また、その他の問題は比較的標準的な問題が多いので定番の問題はしっかりと仕上げておく必要がある。

生物 ― 関西医科大学

生物 ― 関西医科大学

問題が易化したので、高得点の争いになったと思われる

表:出題傾向分析 - 生物

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問5題となっている。1題は血糖量に関する内容で、分泌腺とホルモンの問題が出された。1題は細胞膜に関する内容で、細胞膜の構造・細胞膜の働き・浸透圧・膜構造の細胞小器官が出された。1題は光合成色素に関する内容で、Rf値・色素の分布が出された。1題は人体に関する内容で、組織や器官や器官系・器官の働きが出された。1題はアルコール発酵と乳酸発酵に関する内容で、実験考察・肝臓の働きが出された。例年は遺伝子やDNAに関する問題が出されていたが、今年は代わりに細胞膜の働きが出された。また、恒常性と神経系とホルモンに関しても毎年のように出題されている。難しい内容は無いので、高得点の争いとなったと思われる。

【対 策】

生物の用語を正確に覚えることが最優先である。特に、細胞の構造と機能・減数分裂と配偶子形成・核酸とタンパク質・血液関係・神経系・分類は必須である。生物用語の確認が主な問題の内容となっているので、複雑な計算は出されないと思う。しかし、以前は簡単そうに見えて、条件設定の厳しい計算問題も必ず出されていたので、図解や問題集の計算は練習しておいた方が良い。特に、染色体の長さの計算や、アミノ酸数、生態系の問題は練習しておくこと。生物の分類に関しては、図説に載っている分類は目を通して、それぞれの生物の特徴をまとめるようにすると覚えやすい。今後は生態系や発生と形態形成・遺伝子頻度の内容が増えてくると思われる。

物理 ― 関西医科大学

物理 ― 関西医科大学

’14は原子が出題され、’15は新課程なので出題範囲に注意!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問5題で構成され、力学、電磁気、波動、熱力学、原子からの出題であり、熱力学と原子のどちらかを選択する方式である。’13を除くここ数年はこのスタイルである。力学は長椅子と丸テーブルが転倒しないための条件を求める力のモーメントの問題、電磁気は電気抵抗を自由電子の運動から求める問題とテスターの原理に関する問題が出題されている。波動は光の屈折の問題で全反射も含まれている。熱力学は氷の融解の問題、原子は原子炉内での減速材に関する問題が出題されている。標準問題が中心であるが、テスターの原理、氷の融解、減速材は扱ったことがない受験生は苦労しただろう。熱力学と原子のどちらを選択しても難度の差はないだろう。

【対 策】

基本問題~やや難の問題をしっかり解いておくこと。’13を除いて熱力学と原子のどちらか一方だけを選択することになっている。全分野から幅広く出題されるので、苦手な分野でも基本的な知識は身につけておくことが必要である。特に、一般の入試ではあまり扱われない素粒子、トランジスタ、真空管、オクターブ、被爆、誘導加熱なども穴埋めで出題され、’10では原子の範囲で物理の概念とその検証の実験・観察が出題されている。なかには新課程ならではの内容もあるので、教科書を隅々まで一度目を通しておくことを薦める。記述や描画も出題されるので準備が必要である。見慣れない問題でも落ち着いて考えて一問でも多く解くことが大切である。

私立医歯学部受験攻略ガイド ダイジェスト版を無料でプレゼント!

毎年10月にメルリックスから発行されている「私立医歯学部受験攻略ガイド」から、
半分程度のデータを抜粋した『ダイジェスト版』が出来上がりました。
こちらをご希望の方に、無料でプレゼントいたします。

今すぐ資料請求する

ページトップへ戻る

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

Copyright (c) MELURIXGAKUIN All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている画像及び文章等、一切の転載を禁止します。