近畿大学の医学部入試対策情報

医学部入試対策ドットコム、歯学部入試対策ドットコムは
医学部・歯学部 専門予備校のメルリックス学院が提供しています。

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

  • home
  • 大学別入試対策 ― 近畿大学

大学別受験対策

近畿大学

数学 ― 近畿大学

数学 ― 近畿大学

図形の問題に慣れ誘導に上手く乗るように。計算等も面倒がらずに

表:出題傾向分析 - 数学

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

60分で大問3題。[1]は穴埋め、[2]と[3]は記述で、どれも私立中堅~私立上位大受験レベルの問題集によくある考え方を用いて誘導に従えば解ける問題となっていることが多いが、計算や場合の数の調べ上げ、場合分け等のやや面倒な問題が入っている年もある。図形絡みの問題が頻出で、’14は[1]が三角比で[2]が平面ベクトルで[3]は格子点の個数の問題となっており、’13と同様に、どの問題も何らかの形で図形やグラフを考える問題となっていた。’12は[2]に図形と数列の絡んだ問題、’11は[1]が二つの円の問題で[2]が立方体とベクトルの問題となっており、どの年も図形の問題が目立つ。

【対 策】

私立中堅~上位私立大受験レベルの問題集、センター試験対策問題集によくある問題は解けるようにしておくべきだが、特にここのところ出題頻度の高い図形と方程式、ベクトル・数列の典型問題はしっかりやっておこう。どの問題も親切な誘導がつくことが多い。誘導問題を多く解いて典型的な誘導問題の流れをあらかじめ知っておくと同時に、前半で出てきた結果を後半でどう使うのか等を考えて誘導の意図をつかむ訓練をしておこう。また、計算や調べ上げ等が面倒な問題が出る年もある。問題を解くときには計算なども省かずに最後まで自力で解いて面倒な問題にも対処できるようにしておこう。誘導と時間配分に慣れておくために過去問を解いておこう。

英語 ― 近畿大学

英語 ― 近畿大学

着実に得点するには高い語彙力が必須、コロケーションを意識しよう

表:出題傾向分析 - 英語

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

例年どおり大問5題で、解答数は全部で50問。短文完成は基本問題も見られるが、半分はやや難レベルで語彙系に習熟しているかどうかで出来が大きく分かれそうだ。日本文に相当する英文を選ぶ形式のものは、文法・語法に照らして注意深く選ばないと思わぬミスをしかねない選択肢になっている。日本文の言わんとする意味を正確に汲むことが大事。整序英作文は日本文のリードはないが、標準レベル。読解は、空所補充選択と内容合致中心の総合問題2問。前者は名詞と前置詞、形容詞と名詞のコロケーションや、ややレベル高めの単語&イディオム力があれば対処できる。後者は「意識」に関する考察で、’13の「物の認知と記憶」も考慮に入れると、来年の傾向が見えてきそうだ。設問は例年同様、空所補充、同意表現選択、内容合致などで英文も決して長くはないが堅い論文調なので、じっくり読み選択肢を吟味するために相応の時間を割けるようにしたいところ。

【対 策】

傾向に変化はないので、まずは過去問演習を入念にやることで最適な対策になる。短文完成問題ではややマイナーなイディオムや英語独特の表現が出題されることを見越して、入試用の語彙集に加え、もっと広範囲の表現を扱った本で演習し、日本文に合った英文を選択させる問題は、他大学の類題にあたっておくのもよい。整序英作文は、日本文のリードなしで演習するのが望ましいが、北里大の過去問はリード付きであるものの似たタイプなので参考になる。整序英作文に強くなるには、文法の各事項の代表例文をしっかりマスターし、必要に応じて口をついて出るよう訓練すること、そして、語彙を覚える際も単語を単体と見るのではなく、常に他の語との関連(コロケーション)を意識しながら覚えることだ。読解については、学術的な堅い英文に多く接しておくとよい。特に、意識や認知、記憶といった脳に関する英文は読んでおいて損はなかろう。

化学 ― 近畿大学

化学 ― 近畿大学

前期日程は標準的な問題、後期日程は全問マーク形式

表:出題傾向分析 - 化学

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

前期日程では例年大問3題の出題が続いている。また、後期日程では全問マーク形式の問題で、例年40数問のマークが必要。前期日程でも後期日程でも問題内容は標準的で特に難問は見当たらない。出題内容にも特に大きな特徴は見出せないが、計算問題や、前期試験では論述問題も数問出題されている。問題の量は時間に対して適切であるので、時間的に厳しくなることは考えないでよい。問題の難易度がそれほど高くないこともあるので、不注意なミスや苦手な分野や学習量の足りない部分を置き去りにしてしまうと命取りになりかねない。各分野で平均以上の得点力が必要。合格に至るには高得点が必須である。

【対 策】

前期日程でも後期日程でも基本から標準的な問題がここ数年来出題され続けている・・・この傾向は今後もほぼ変化しないと思われる。近年では難問というよりも受験生が解くことを嫌がる内容の問題が出題されてきているように感じたが、近年ではほとんど見られなかった。また、後期日程のマーク式の問題では本文中の空欄の数がやや多く、空所を埋めるのにやや戸惑う可能性もある。前期試験では定番問題のしっかりとした学習が必要。さらに化学の基本的な用語や現象などを表現する語句等をしっかり整理し覚えておく学習もしておきたい。不得意分野を徹底的に克服し、また、合格にはある程度の高得点が必要と思われる。全範囲を一定レベル以上でもれなく学習したい。

生物 ― 近畿大学

生物 ― 近畿大学

標準的な問題が多いが、記述は文字数が多いので注意

表:出題傾向分析 - 生物

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問4題となっている。1題は細胞分裂に関する内容で、細胞周期の計算・細胞周期の時期・DNA相対量の描図の問題が出された。1題は腎臓に関する内容で、構造・ホルモン・成分・濃縮率の計算・原尿の計算・実験考察70字が出された。1題は消化に関する内容で、消化酵素の分泌・細胞の構造・小器官の働き150字・抗体に対する反応50字が出された。1題は総合問題で、光合成・窒素同化・気孔の開閉・光周性・組織培養・先駆植物の小問であった。文章量が減り、全体的に時間に余裕のある内容となった。各問題とも空所補充の問題や記述が多いので、生物用語を正確に覚えておく必要がある。記述は減ったが文字数が多いので注意しょう。

【対 策】

小問の組み合わせで範囲を多くしている。解答は全て記述である。生物用語の意味を正確に覚えて使いこなせるようにしたい。そのためにも、教科書にある用語をまとめながら、問題集の出題のされ方と一緒に覚えると良い。特に、記述は問題集の「問題」そのものが「答え」として使える場合が多いので、語句を覚えるときは出題の文章を参考にすると良い。実験問題に対する考察は、図解を用いて覚えると良い。図解には多くの実験が載っているが、必ず「目的」「実験器具」「実験者」「実験方法」「結果」「考察」が載っているので覚えると良い。特に、代表的な実験だけではなく、普段はあまり見ない実験に関しても覚える余裕がほしい。

物理 ― 近畿大学

物理 ― 近畿大学

見慣れない問題が出題されることもあるので、柔軟に考えよう!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問3題で構成され、力学、電磁気、波動からの出題である。力学は粗い斜面上に置いた物体のつりあいと加速度運動の問題で、水平方向に力を加えて条件を変化させる問題である。電磁気は抵抗、コイル、コンデンサーを含む直流回路の問題で、電気振動まで出題されている。波動は液体中のプリズムで、角度を微小にした場合のくさび形干渉と角度を少し大きくした場合のプリズムによる屈折の問題が出題されている。標準的な問題が中心であるが、プリズムの問題では柔軟な思考が求められている。力学は難度自体は高くないが問題数があるので手早く解かなくてはいけない。電磁気は自己誘導の特徴と電気振動の基本が身についていれば易しい問題である。

【対 策】

標準~やや難度の高い問題を解いておくこと。典型的な問題が中心であるが、’14のプリズム、’13の平面波の合成、’12の荷電粒子の運動や凸レンズと平面鏡による像、’11のガウスの法則やビーズ球の円運動、’10の小球の繰り返し衝突などのように出題の少ない問題や見慣れない問題、やや難度が高い問題なども出題される。その際は、焦らずにしっかりと問題を読み、誘導にのることが大切であり、題意の読み取りにくい問題は後まわしのほうがよい。前期と後期で出題範囲が違うので確認が必要である。時間に余裕のある年もあるが、日頃から効率よく問題を解く習慣をつけておくことが大切である。描画や記述も出題されるので準備をすること。

私立医歯学部受験攻略ガイド ダイジェスト版を無料でプレゼント!

毎年10月にメルリックスから発行されている「私立医歯学部受験攻略ガイド」から、
半分程度のデータを抜粋した『ダイジェスト版』が出来上がりました。
こちらをご希望の方に、無料でプレゼントいたします。

今すぐ資料請求する

ページトップへ戻る

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

Copyright (c) MELURIXGAKUIN All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている画像及び文章等、一切の転載を禁止します。