福岡大学の医学部入試対策情報

医学部入試対策ドットコム、歯学部入試対策ドットコムは
医学部・歯学部 専門予備校のメルリックス学院が提供しています。

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

  • home
  • 大学別入試対策 ― 福岡大学

大学別受験対策

福岡大学

数学 ― 福岡大学

数学 ― 福岡大学

まず基礎を固め、頻出単元は応用レベルの問題までしっかりと

表:出題傾向分析 - 数学

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

90分で大問3題。[1],[2]は穴埋めで[3]は記述。[1],[2]は中堅私大レベルの基本問題が多いが、考えさせる問題が入っている年もある。[1],[2]では「数列」、「ベクトル」、「場合の数・確率」、「三角関数」、「指数・対数」(特に対数方程式・不等式)等の基本問題が頻出。[3]の記述は毎年数学Ⅲの微分・積分で、’06までは面積の問題が続いていたが、’07からは実数解の個数の問題や積分計算の問題なども出され、’11は体積と速度の問題で、’12~’14は再び面積。制限時間に対して問題が少ないと思われる年が多く、満点近くをとった受験生が多かったのではないかと思われる年が多い。

【対 策】

中堅私大レベルの基本的な問題が多く合格最低点は高いと思われる年が多いので、まずは基礎をしっかり固めよう。問題の量や難易度の割には制限時間は比較的長い。過去問を解く時も、もちろん本番でも、よく見直しをしてミスをしないように気をつけよう。また、比較的解きやすい問題が多いものの、最近は[1]や[2]の一部や[3]が難しくなっている年もある。特に[3]で出される微分・積分の問題は意外に手間がかかり上手く解かないと時間がかかってしまう問題や、基本的なことをいろいろと組み合わせて解く問題が出される年もある。基本的なパターン問題だけでなく、総合的な標準問題まで解いて応用力・実戦力もつけておこう。

英語 ― 福岡大学

英語 ― 福岡大学

和訳が合否の分れ目、ここで確実に得点がかせげるように密な演習を

表:出題傾向分析 - 英語

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

出題傾向・形式は’13と同様。短文完成はやや悩ませるものも含まれており、例年より若干難しい。教科書的な基礎事項から各品詞、各単語の用法にどれだけ通じているかがポイントになりそうだ。整序は日本語のリード付きで不要語が含まれているのは例年と同じ。異なる表現を問うてはいるものの、「AというよりむしろB」という表現が(4問中)2問あるのはなかなか珍しい。長文は内容合致でレベルは標準的。選択肢は文章の流れに沿っているので、チェックしながら注意深く読み進めれば、効率的に解答できる。合否の分れ目となりそうな和訳は、無生物主語の不定詞をいかにわかりやすく訳すかがカギとなる。また、副詞節がどこにかかるかなど訳の順番にも配慮したい。発音・アクセントは両者混合問題で’13と全く同様の形式。難単語は皆無なので、単語を覚える際にきちんと発音・アクセントまで留意できていれば問題はないだろう。

【対 策】

まず文法・語法関連については、標準~やや難レベルまで網羅した演習をしておくこと。整序英作文演習は日本語のリード付きで構わないが、不要語を含んだやや手の込んだ問題に多く接しておくとよい。また、敢えてリードに頼らない問題での演習も有効だろう。また、短文完成も基本~動詞の語法やイディオム関連まで含めたややハイレベルなものまで扱っておこう。和訳は過去問を見ると不定詞、動名詞、分詞など準動詞関連や強調構文などが問題になっている。ただ日本語に移すというのではなく、英文をきちんと理解した上で、自分の言葉でわかりやすく訳す演習を積むことが大切だ。長文対策は、標準レベルの内容合致問題に数多くあたったり、いわゆる入試問題でなくても、普段から平易であまり長くないエッセイなどを読むことに馴染んでおくのはかなり有効だろう。発音・アクセントは、単語学習に取り入れて音読練習を積んでおこう。

化学 ― 福岡大学

化学 ― 福岡大学

基本問題から標準問題の組み合わせ

表:出題傾向分析 - 化学

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

例年大問3~4題の出題。年度によって難易度にばらつきがあるような感じがするが、全般的に難しくはない。過去には合成高分子化合物の問題でポリカーボネートの構造式をヒントもなく書く問題が出題され難しかった年度もある。生命科学や環境化学からの出題が例年多いように感じる。’14では[1]でハロゲンの性質、平衡移動、異性体の数といった小問3問の問題。[2]で金属イオンの定性分析に関する標準的な問題。[3]で凝固点降下に関する問題。[4]でアニリンの合成に関する実験の問題が出題された。ミスを誘発させるような問題もほとんどない。時間的な余裕もあると感じるので、落ち着いて解答することを心がければ高得点を狙える。

【対 策】

近年は受験の定番問題を中心として問題が構成されている。一つ一つの問題の難易度はそれほど高くないため、教科書レベルの学習をひとまずしっかりと仕上げることがよいと思われる。そして、入試用の問題集でどの程度まで問題演習を繰り返せるか、また定番の問題に対してその解法をどれだけ身につけられるかが勝負であると思われる。また、’07では生命と物質の問題、’08では浮力やあまり学習していないと思われる高分子化合物の構造、’09と’10,’12ではATPやDNAに関する問題などが出題されており、生活や生命といった分野に関しては出題頻度が高いようなので意識して学習しておく必要があると思われる。

生物 ― 福岡大学

生物 ― 福岡大学

基本的な内容。高得点の争いとなったと思われる

表:出題傾向分析 - 生物

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問5題となっている。1題は細胞に関する内容で、細胞分画法・細胞小器官の問題が出された。1題はカサノリに関する内容で、再生実験・核の働きの問題が出された。1題は光合成に関する内容で、酸素の発生・カルビン-ベンソン回路・光合成量の計算問題が出された。1題は味覚に関する内容で、各物質に関する実験考察問題が出された。1題は進化に関する内容で、進化説・進化の要因・突然変異の問題が出された。計算問題が無く、内容も基本的な物となっているので、時間的には余裕がある内容となっている。進化に関する内容はなじみが無いが、内容そのものは基本的なので、解答に困る事はない。ミスをなくす事が重要である。

【対 策】

基本的な内容を聞く問題が多くなった。しかし、実験が主体であることは毎年の傾向として考えられる。図説を活用して、実験内容の確認と理解を深めておくとよい。また、問題集や参考書の実験に関する問題は重点的に解いて覚えよう。また、生物用語の正確な理解も必要である。実験を解くときには、生物の分野としても基本的な語句の意味が理解できていないと、実験そのものが理解できなくなる。生物用語を正確に覚えるには、教科書を十分に読んで、生物用語の意味や使い方をまとめておくとよい。また、標準問題集や発展問題の、語句説明問題や空所補充の問題を使って、語句の使い方と意味を覚えるのも良い。

物理 ― 福岡大学

物理 ― 福岡大学

難度は下がっているが、見慣れない問題も出題される、要注意!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問3題で構成され、力学、熱力学、電磁気からの出題である。力学は円筒面をすべる物体の円運動と円筒面から離れた後の斜方投射、床でのはね返りが出題されている。熱力学はピストンつき容器内の理想気体の状態変化で、容器を横にした時と立てたときが出題されているが、単原子分子と書いていないので日頃使っている公式の中には使えないものもある。電磁気は電流計と分流器の問題で、解いたことがあれば易しい。’14は難度が基本~標準で典型的な問題が出題され、難度の高い問題や見慣れない問題は出題されていない。’13と比べると難度はやや下がった感じである。そのため高い点での争いになるので、ケアレスミスなどで失点をすると辛い。

【対 策】

標準~やや難度の高い問題までをしっかり解いておくこと。出題範囲が広いので、苦手な分野ややり残した分野をなくしておくことが大切である。難度の高い問題は誘導がある場合が多いが、誘導に乗れるだけの知識と読解力、思考力が必要となるので、日頃からそれらを身につける勉強をすることが大切である。そのためには、難問ではないが難度が高めの問題を解答の過程をしっかりと確認しながら解いていくことが重要である。記述や描画も出題されているので、日頃から自分自身で解答作りをしておくことが大切である。’14も含めてここ数年難度は下がっているが、’11は難度は低いが受験生の避けている交流が出題されているので、油断はできない。

私立医歯学部受験攻略ガイド ダイジェスト版を無料でプレゼント!

毎年10月にメルリックスから発行されている「私立医歯学部受験攻略ガイド」から、
半分程度のデータを抜粋した『ダイジェスト版』が出来上がりました。
こちらをご希望の方に、無料でプレゼントいたします。

今すぐ資料請求する

ページトップへ戻る

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

Copyright (c) MELURIXGAKUIN All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている画像及び文章等、一切の転載を禁止します。