私立医学部の科目別入試対策情報(物理)

医学部入試対策ドットコム、歯学部入試対策ドットコムは
医学部・歯学部 専門予備校のメルリックス学院が提供しています。

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

  • home
  • 科目別入試対策 ― 物理

科目別入試対策

物理

物理 ― 岩手医科大学

物理 ― 岩手医科大学

原子や交流も出題される、しっかりと準備をしておくこと!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問3題で構成され、力学、原子、電磁気からの出題である。力学は糸でつながれた二つの物体の鉛直方向の等加速度運動の基本的な問題が出題され、原子は光電効果の典型的な問題が出題されている。電磁気は抵抗とコンデンサーを含む直流回路であり、電気容量の変化にともなう仕事も出題されている。全体的に解き易い問題となっているが、光電効果は確かな知識がないと解けないので、しっかりとした準備が必要である。直流回路は典型的な問題なので解いたことがない受験生はいないだろう。試験時間の45分で全問解くことは可能であり、原子の出来で合否が決まっただろう。単位の付け忘れや計算ミスなどのケアレスミスには十分な注意が必要である。

【対 策】

基本問題から標準までをしっかりと解いておくこと。力学は全般的に出題されるので、万有引力なども含めて幅広く学習しておくことが必要である。電磁気ではコンデンサーを含む直流回路とRLC直列回路を含む交流を中心に、電磁誘導や電流が磁場から受ける力、ローレンツ力による荷電粒子の運動なども学習することが必要である。熱力学では典型的な問題を全問正解できるようにしておくことが必要である。しばらく出題がなかった原子も’09,’11,’12、’14に出題されたので、典型的な問題は解いておくことが必要である。すべての問題が「高得点を獲得できる問題」なので、単位の付け忘れなどのケアレスミスをしないことも大切である。

物理 ― 自治医科大学

物理 ― 自治医科大学

’15は新課程入試になるので、出題範囲の確認をしておこう!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

小問25問で構成され、今年度より物理Ⅰ・Ⅱから力学、波動、電磁気、熱力学の順に多く出題されている。ホイートストン・ブリッジ、コンデンサー、電場内での荷電粒子、方位磁針、点電荷の電位、凸レンズ、ヤングの実験、光の直進、光の散乱、閉管、ドップラー効果、ボルツマン定数の単位、ヘリウムガスの内部エネルギーの変化、ヘリウム同士の混合、地表と月面での斜方投射、電子レンジのエネルギーと象を持ち上げる仕事、二球の衝突、第二宇宙速度の比較、斜め方向のはね返り、力のモーメント、非等速円運動、摩擦のある単振動等が出題されている。基本的な問題が中心とはいえ、40分で25問を解くので、時間にあまり余裕はないだろう。

【対 策】

基本問題を中心に解いておくこと。その際に教科書の内容を正しく、身につけておくことが大切である。自治医科大学の特徴は、難度の高い問題が出題されず、生活の中のちょっとした物理現象に目を向けた内容が知識問題として出題されることがある点である。最近の教科書はそのことに関する記述があるので、一度教科書に丁寧に目を通しておくと良い。小問25問は手早く解いていかなくてはならないので、日頃からケアレスミスをせずにスピードを持って解くように心掛けておくことが大切である。’13までは物理Ⅰに沿った内容が出題されていたが、’14からは原子を除く物理Ⅱが出題範囲に入った。新課程入試では原子が必修になるので、要注意である。

物理 ― 獨協医科大学

物理 ― 獨協医科大学

基本~標準中心でも試験時間が50分なので、時間配分に注意!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問5題で構成され、力学、波動、熱力学、電磁気からの出題である。1題目は床でのはね返りと凸レンズと凹レンズの組み合わせであり、2題目は人工衛星の運動と分裂の問題である。3題目は円運動する音源によるドップラー効果が出題され、4題目は理想気体の状態変化で断熱自由膨張や水の質量の変化による圧力の変化が含まれている。5題目は導体棒による誘導起電力の問題でダイオードも含まれている。基本問題から標準問題が出題されているが、ドップラー効果の時間に関する問題や水量による圧力変化やダイオードの関係する問題は題意をしっかり把握しなくてはいけない。50分の試験時間ではあまり余裕がないので、時間配分に十分な注意が必要である。

【対 策】

標準問題を中心にしっかり解いておくこと。’05にマーク式の大問5題に変更されてからは標準問題を中心に出題され、毎年4分野全体からの出題となる。そのため力学、電磁気だけでなく、波動、熱力学も満遍なく学習しておくことが重要であり、’07に万有引力が出題されたことからも苦手な分野や、やり残している分野もなくしておくことが重要である。また、’13の電気機器のように見慣れない問題が出題されることもある。試験時間が50分であり、時間に余裕はあまりないので、一つの問題に時間をかけ過ぎずに手早く解いていくことが大切である。模試などで問題を解く際に優先順位に注意するという習慣をつけておくことが必要。

物理 ― 埼玉医科大学

物理 ― 埼玉医科大学

’14は後期に原子が出題されている、準備はしっかりとしよう!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問3題で構成され、力学、電磁気、熱力学から出題されている。力学は、二つの振り子の繰り返し衝突の問題で、糸の長さを変えたり、振り子から外れた後の斜方投射も出題されている。電磁気は抵抗とコンデンサーの直流回路の問題で、可変抵抗や二つの電池も含まれ、電流の時間変化のグラフを選択する問題も出題されている。熱力学は、細い管で連結された二つのピストンつき容器内での理想気体の状態変化の問題で、片方のピストンにはばねがついている。標準問題を中心に出題されているが、試験時間が50分であり、時間にはあまり余裕はないので、問題をしっかりと読んで把握し、焦って選択ミスなどのケアレスミスをしないことが大切である。

【対 策】

標準~やや難の問題まで解いておこう。典型的な問題を中心に出題されているが、出題の少ない問題が出題されることもあるので幅広く学習しておくことが必要である。原子からの出題が多く、’07の後期、’08の前期と後期、’10の前期にフランクヘルツの実験、後期で水素原子模型、’11の前期にエックス線、’12の後期でミリカンの油滴の実験、’13の前期にα粒子の散乱、後期でコンプトン効果、’14の後期では光電効果が出題されている。原子は出題されるとその出来次第で合否が分かれることになるので、しっかりと準備をしておくことが必要である。試験時間が2科目で100分なので、ケアレスミスなく問題を解くことが大切である。

物理 ― 杏林大学

物理 ― 杏林大学

難度が下がっているからこそケアレスミスなく解くことが大切!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問4題で構成され、力学、 波動、熱力学、電磁気からの出題である。力学は人工衛星の運動で万有引力の問題として典型的である。波動は開管と閉管の共鳴の典型的な問題であるが、複数の管による共鳴は慎重に考える必要がある。熱力学は液体の気化を中心に気体の状態変化も含まれている。電磁気は電流計と電圧計の測定誤差を扱う問題とソレノイドコイルの自己誘導と相互誘導の問題である。解き慣れた問題が多いなかで、液体の気化と気体の状態変化では選択する数の指定がないので問題の題意をしっかり読み取らなくてはいけない。昨年よりも若干難度は下がっているが、試験時間に対して問題数が多いので、時間配分に注意が必要である。

【対 策】

標準~やや難度の高い問題までをしっかり解いておくこと。全分野から出題されるので、苦手な分野ややり残した分野はなくしておくことが大切である。’08から全問マーク式になり、問題数が多くなり、さらに難度の高い問題も増えているため時間が足りない状況になっていた。’12からは試験時間が50分になり、やや難度が下がり、’13と’14はより難度が下がっているが、試験時間に対して問題が多めなので時間配分に注意が必要である。日頃から問題を解くスピードと正確性を上げておくことが必要である。今の難度から以前の難度まで上がることも想定して、やや難度の高い問題も解いておくほうが良いが、まずは標準問題を完璧にすることをすすめる。

物理 ― 慶應義塾大学

物理 ― 慶應義塾大学

高い読解力と柔軟な思考力と計算力が必要、原子も出題される!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

小問集合を含む大問3題で構成され、力学、電磁気学、原子から出題されている。小問集合は光電効果、エックス線の強度、ウランから放射されるα線、ドップラー効果とうなり、コンデンサーの電気容量が出題されている。力学は二つの物体と壁との衝突、振動子の壁との衝突や万有引力による自由落下、窒素分子の振動の定数や自由落下が出題されている。電磁気は磁場内で回転する導体棒に生じる誘導起電力の標準的な問題である。小問集合は基本的な問題が多く、エックス線やα線は題意を読み取れば解ける。力学は題意が読み取りにくいところもあるが誘導にしっかり従えば解ける。時間にそれほど余裕はないので、効率よく解かなくてはいけない。

【対 策】

標準~難度の高い問題をしっかり解いておくこと。’14と’13は’12′や’10,’07と同様に’08,’09,’11に比べてやや易化している。難度の高い年度を想定すると柔軟な思考力とスピード、問題を的確に読み取る読解力が必要である。そのためには、単に問題を数多く解くだけではなく、難度の高い良問をじっくりと解くと良い。そのことにより、読解力と応用力がつくので、少々厳しい問題でもしっかり自分で解くこと。また、論述や描画も出題されているのでしっかり準備しておくことも必要である。高い計算力も要求されるのでその点の準備もしっかりとしておくこと。原子は毎年出題されているので、しっかり準備することが必要である。

物理 ― 順天堂大学

物理 ― 順天堂大学

標準を中心に難度の高い問題が出題される、小問集合は完璧に!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

例年通り、マーク形式の[1]と記述形式の[2]で構成され、[1]の小問集合では、力のモーメントのつりあい、反射音によるドップラー効果、点電荷の作る電位と運動、リングでの電磁誘導とジュール熱、酸素分子の2乗平均速度が出題され、マーク形式の大問では、Δ接続回路とY接続回路の等価回路と音速の熱力学的考察が出題されている。記述形式では、2つの振り子の衝突が出題され、釘による回転半径の変化も含まれている。標準的な問題が中心であるが等価回路や音速の熱力学的考察では題意を正確に読み取るのに苦労した受験生もいただろう。時間に余裕はなく、簡単な問題が少ないので、解きやすい小問集合を完璧に解けることが最低条件となる。

【対 策】

標準~やや難度の高い問題をしっかり解いておくこと。小問集合は得点源のひとつなので全問正解が必要であり、全分野から出題されるので、満遍なく勉強し、苦手な分野ややり残しの分野がないようにしておくこと。難度の高い問題であっても物理的な法則が変わるわけではないので、しっかりと基礎固めをし、応用力をつけるために質の高い良問を解いておくことが大切である。その際には自分で解答をつくり、計算などもしっかりやっておくことが必要である。時間に余裕はないため、手早く解くことも大切であるが、模試などで問題を解く順序を意識しながら解き、問題によっては後回しにすることも含めた時間配分の練習をしておくことが必要である。

物理 ― 昭和大学

物理 ― 昭和大学

見慣れない問題も出題されるが焦ることなく題意をくみ取ろう!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問4題で構成され、力学、熱力学、電磁気、波動から出題されている。力学は複数のバネによる鉛直バネ振り子の振動数と2つの振り子の衝突が出題されている。熱力学は理想気体の状態変化の問題でポアソンの式が与えられ、波動の物理量の次元解析も同時に出題されている。電磁気は磁場内の電流により生じる電位差が出題され、波動はニュートンリングが出題されている。標準的な問題が中心であるが、バネ定数の合成や次元解析は解いたことがないと厳しい。理想気体の状態変化では焦らず題意をくみ取ることが大切である。70分の試験時間でも見慣れない問題では時間がかかるので、あまり余裕はない。手早く問題を解くことが必要である。

【対 策】

基本~やや難度の高い問題をしっかり解いておくこと。見慣れない問題や難度の高い問題を解くことも大切であるが、実際に合格点に達するかどうかは基本~標準問題を失点しないことが重要であり、ポイントになる。それゆえ、あまり難問等に固執せずに広範囲に勉強をしておくことが大切である。また、見慣れない問題を解く場合の注意点は、一般に知られていない法則を用いて解く問題はあまりないので、落ち着いて問題を読み、いままで解いてきた問題と比較してみることであり、出題者の意図が理解できれば問題は解ける。毎年のように記述や描画が出題されるので準備はしっかりしておくことが必要であり、実際に自分の手でやっておくことが大切である。

物理 ― 帝京大学

物理 ― 帝京大学

皆が同じ条件なので、問題の選択に神経質になりすぎないこと!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

例年通り大問5題で構成され、力学2題、電磁気2題、熱力学1題から4題を選択して答える形式になっている。力学の1題目は定滑車に吊るされた3つの物体の加速度運動の問題が出題され、2題目は万有引力による人工衛星の運動で、第一宇宙速度、第二宇宙速度、第三宇宙速度が出題されている。電磁気の1題目は3個のコンデンサーによる直流回路が出題され、2題目は水平面上を運動する導体棒に生じる誘導起電力の問題が出題されている。熱力学は水の三態変化の問題が出題されている。基本~標準問題までが出題されているが、第三宇宙速度は解き慣れず迷った受験生もいただろう。試験時間は手早く解けば足りないことはないので、焦らず問題を解くこと。

【対 策】

基本~標準問題をしっかり解いておこう。選択できるとはいえ、得意な分野や解きやすい問題だけを選んでも全員が同じ条件で受験しているので、合格点には達することは出来ないだろう。それゆえ、幅広く勉強し、苦手な分野や不得意な問題を減らしておくことが重要である。さらに標準問題を数多く解くことで、問題を選択する眼力が強くなることもあるので、しっかり分析をしながら解くこと。ただし、問題を選択する際には、選択の仕方により得点に差がでることは仕方がないと割り切り、あまり神経質にならないことも大切である。このことは受験生全員が抱える悩みなので、選ぶのに無駄に時間をかけるより解き始めた問題に集中する方が良い。

物理 ― 東京医科大学

物理 ― 東京医科大学

基本~標準が中心であるが、’15は難化する可能性が大きい!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問9題に小問25問が配分され、力学、電磁気、熱力学、波動、原子から出題されている。力学はXY平面上での加速度運動、水平ばね振り子の単振動と衝突、電磁気は点電荷の電場と電位、抵抗5個の直流回路、回転する円環の電磁誘導が出題されている。熱力学は理想気体の状態変化、波動は正弦波の固定端での反射とその波形、回折格子、原子は光電効果が出題されている。’14からは出題形式が変わり、数値マーク式から選択型となっているので解答をしやすくなっている。また、問題の数は2倍に増えているが、基本的な問題が中心であるため高得点での争いになっている。試験時間が60分で25問を解くので、時間に余裕はあまりないだろう。

【対 策】

基本~標準問題を幅広く解いておくこと。原子を含む全分野からの出題である。問題の最後にある定数一覧と三角関数表の数値を用いて計算をする形式は同じであるが、’14からは選択型になっている。日頃から自分の手で計算をし、数値計算力を鍛えておくことが必要である。問題には誘導がないので、問題をしっかりと読み、自分で解答の流れを作らなければならない。対策としては、典型的な標準問題を数多く解いておくことであり、そのことにより、解答の流れをつくる力がつき、問題を把握する読解力もついていく。特に原子はしっかりと準備が必要である。’12は’11、’10、’09と比べて難化したが’13は例年程度で、’14は易化している。

物理 ― 東京慈恵会医科大学

物理 ― 東京慈恵会医科大学

標準問題が中心でも、難度の高い問題が出題されるので要注意!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問3題で構成され、力学2題と、電磁気1題が出題されている。力学の1題目はらせん状の針金に取り付けた小球の運動で、摩擦力も働いている。力学の2題目は鉄球の金属円柱でのはね返りの問題で、熱量の計算や金属円柱の縮みも含まれている。電磁気の問題は動物細胞の細胞膜をコンデンサーとして扱ったり、血管系の流動抵抗を電気抵抗に対応させて血管系を電気回路として扱うものである。らせん状の針金の問題は立体的であり、金属円柱の縮みは解き慣れないために苦労した受験生もいただろう。細胞膜と血管系の問題は誘導に乗れば解けるので焦らずしっかり題意をくみ取ることが必要である。時間にあまり余裕はないので手早く解かなくてはいけない。

【対 策】

標準~難度の高い問題までを解いておこう。標準問題の中に難度の高い問題が含まれることもあるので、標準問題を数多く解くのは当然のことだが、難度の高い問題も解いておくことが必要である。ただし、いわゆる難問ではなく、標準問題から一歩進んだ質の良い問題を解くということである。ここ数年の問題は以前より易化していたが、’13の金属イオンの熱運動や’14の金属円柱でのはね返りなどは思考力を試すような問題であり、以前のレベルに戻った感じである。また、難度は高くなくても計算に時間のかかる問題もあるので、問題を解くスピードを上げておくことは必要で、問題を解く順番やあえて解く問題を絞ることも考えておく方が良い。

物理 ― 東京女子医科大学

物理 ― 東京女子医科大学

’15は難度が上がると予想される、しっかりとした準備が必要!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問3題で構成され、力学、波動、電磁気からの出題である。力学は斜方投射された物体と振り子の衝突の問題が出題されている。波動は凸レンズによる像の問題で、焦点や焦点距離の説明の記述問題、凸レンズによる像の作図なども2題出題されている。電磁気は荷電粒子の電場と磁場内での運動の問題で、円運動の軌跡の作図や粒子の速度の時間変化のグラフの作図も出題されている。標準問題が中心であり、’13より解き易い問題が多く、’12,’11,’10と同じぐらいの難度になっている。特に記述や作図が多いので、日頃から丁寧に学習しているかが試されている。試験時間に対して問題は多くないので、手早く解いていけば全問解くことはできる。

【対 策】

標準~やや難度の高い問題までをしっかり解いておくこと。’14は’06,’07,’10,’1,’12と同様に難度の高い問題の出題はなかったが’13,’08,’09はやや難度の高い問題も出題されているので、しっかり準備をしなくてはいけない。また、’10では出題のなかったグラフの描図が’11,’12,’13,’14では出題されている。グラフの描図を含む記述はよく出題されるので、しっかり練習をしておくことが必要である。力学では難度の高い単振動も出題されるので、やや応用性の高い問題もしっかり学習しておくこと。解答の過程の記述をするので、日頃から見せられる答案作りを心掛けておくことも必要である。

物理 ― 東邦大学

物理 ― 東邦大学

幅広く出題されるので、解くスピードと正確性も上げておこう!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

小問25問が大問12題に配分され、力学、熱力学、電磁気、波動の順に多く出題されている。力学は粗い斜面上での物体の運動、加速度の変化する直線運動、斜方投射と床でのはね返り、等速円運動の運動エネルギー、缶の浮力によるつりあい、波動はドップラー効果、光の全反射、熱力学は気体分子運動論、理想気体の状態変化、電磁気は倍率器の抵抗、コンデンサーと電気力線、コイルの自己誘導が出題されている。各分野の典型的な問題が出題され、基本問題が中心なので高得点での争いになる。ケアレスミスには十分注意することが必要。’14も正誤問題は出題されなかった。時間にあまり余裕はないので、時間配分に注意しながら手早く解く必要がある。

【対 策】

基本~標準問題をしっかり解いておこう。その際に、手早く問題を読み、計算も正確に速くするように心掛けておくことが大切である。ただし、’05の問1や問4のようになかなか解法が思いつかない問題や時間がかかる面倒な計算が出題された場合には、その問題に固執せずに後に回すことを判断できて欲しい。一般に出題が少ないパルス波の反射、気体分子の2乗平均速度、自己誘導、交流などのような問題も出題されるので、出題範囲は広いといえる。’11,’13,’14では正誤問題の出題がなかったが、’12では出題され、答えの数に指定もなかった。正誤問題の対策として、基本的な知識の整理のために教科書にしっかり目を通しておくこと。

物理 ― 日本大学

物理 ― 日本大学

’10にマーク式になり難度は下がっているが幅広く出題される!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問5題で構成され、力学が2題、波動、熱力学、電磁気が出題されている。力学の1題目は重力加速度から月の半径と周期を求める問題と地球から飛び去る運動エネルギーの最小値を求める問題で、2題目は壁のふちに立てかけた棒のつりあいで壁にも摩擦がある問題である。熱力学は液体に三個の物体を入れたときの温度を求める問題である。電磁気は抵抗とコンデンサーによる直流回路の問題でスイッチの切り替えも含まれている。典型的な問題の基本~標準問題が出題されているが、月の半径や直流回路、棒のつりあいではしっかりと題意を読み取らないといけない。また、棒のつりあいと直流回路の後半は時間がかかるので、時間配分にも注意しよう。

【対 策】

基本~標準問題をしっかり解いておくこと。’10からは全問がマーク式になり、毎年出題されていた描画や記述は出題されなくなった。出題範囲は広く、レンズや自己誘導、相互誘導、交流なども出題されるので、幅広く問題を解き、やり残しのないように準備しておくことが必要である。あまり難度の高い問題は出題されないが、’03のドップラー効果のように受験生が苦手とする問題もあるので、典型的な問題の範囲でやや難度の高い問題も解いておくとよい。’07は融合問題が多く、’08は見慣れない問題も出題されているが、落ち着いて解くことが大切である。’14は’13~’10と難度は同じなので、時間が足りないことはないだろう。

物理 ― 日本医科大学

物理 ― 日本医科大学

見慣れない問題では問題をしっかり読んで、題意をくみ取ろう!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問4題で構成され、力学が2題、電磁気、波動が各1題ずつ出題されている。力学の1題目は固定されていない木材への弾丸の打ち込みとヤジロベエが出題され、電磁気は交流回路でのRLC並列回路が出題されている。力学の2題目はU字管での水棒の単振動が出題され、波動は水面波の速さとドップラー効果、閉管の共鳴が出題されている。標準問題が中心であるが、波動は易しく、ヤジロベエとU字管での水棒の単振動は類題を解いたことがない受験生には厳しかっただろう。見慣れない問題でも、落ち着いて題意を読み取ることが大切である。時間にあまり余裕がないので、手早く解くことも必要であり、優先順位を考えながら解くことも大切である。

【対 策】

標準~やや難の問題をしっかり解いておくこと。’06からは標準的な問題が中心となっているので、解き易くなったが、以前のように難度の高い問題が出題されることも考えられる。また、難度は高くなくても組み合わせレンズや人の目のレンズ、ヤジロベエ、U字管での水棒の単振動、ガウスの法則、重心速度、断熱変化のポアソンの式、フェルマーの原理などのような出題の少ない問題や見慣れないタイプの問題もあるので、苦手な分野ややり残した分野はなくしておくことが大切である。また、日頃から問題を素早く読み、把握し、手早く解くことを心掛けておくことも重要で、時間に余裕ができ、そのことがケアレスミスを減らすことにつながる。

物理 ― 北里大学

物理 ― 北里大学

難度の高い問題は多くないが数が多いので、手早く解くこと!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問3題で構成され、小問集合、力学、電磁気からの出題である。小問集合は正方形をくり抜いた板のつりあい、鉛直面内での円運動、四つの点電荷による電場と電位、理想気体の定圧変化、音の干渉が出題され、力学はばね振り子と物体の単振動と物体の粗い面上での運動が出題されている。電磁気は抵抗とコンデンサー、コイルからなる回路の問題で、スイッチの切り替えや電気振動も含まれている。小問集合は基本的な問題が中心なので、全問正解を目指したいが、板のつりあいや音の干渉では苦労した受験生もいただろう。50分の試験時間では問題数は多いが、難度の高い問題も少なく、時間のかかる問題が減っているので、手早く解けば時間は足りるだろう。

【対 策】

基本~標準問題までをしっかりと解いておくこと。小問集合を含めると、毎年全分野からの出題となっているので、苦手な分野ややり残した分野を減らしておくこと。’03の電場内の荷電粒子の運動は一見すると難しいが誘導に乗れば、解くのは苦労しない。このような問題では先入観を捨て、問題をしっかり読み、内容を把握することが重要である。’08と’09は時間のかかる問題が増え、’10からは試験時間が50分になったので、時間にあまり余裕がなかったが、’13,’14では若干余裕がある。解いている問題に集中し、計算や問題の読み取りなどにケアレスミスをしないことが大切であるが、時間のかかる問題は後回しにすることも必要。

物理 ― 聖マリアンナ医科大学

物理 ― 聖マリアンナ医科大学

典型的な問題を中心に解き慣れない問題も出題されるので注意!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

小問集合を含む大問5題で構成され、力学、電磁気、波動、熱力学からの出題である。小問集合は自己・相互誘導と変圧器、等速円運動と向心力の変化、熱機関と熱効率、ドップラー効果とうなりが出題されている。力学は物体の水中での運動をグラフから読み取らせる問題でv-tグラフの描図も含まれている。電磁気は抵抗とコンデンサーを含む回路で、極板間での電子の運動も含まれている。波動は音と光の平面波と球面波の屈折の図を選ぶ問題が出題され、熱力学は理想気体の混合の問題に断熱自由膨張も含まれている。基本~標準問題を中心に出題されているが、音と光の屈折の問題では慣れが必要。試験時間が75分あるので、手早く解けば全問解ける。

【対 策】

標準~やや難の問題まで解いておくこと。小問集合を含めて、全分野から幅広く出題されるので、苦手な分野ややり残した分野はなくしておくことが必要である。例年描画や記述が出題されているので、過去問などを通して練習をしておくことも必要である。’11は難度が’07以前と同様に高く、’08,’09,’10,’12と難度は下がっていたが’13,’14はより下がっている。’15はまた難度が上がることも予想されるので、解くスピードは上げておくことが必要である。また、’09の電磁波の種類と用途、’10の熱の伝わり方のような知識問題は以前からも時々出題されているので、教科書などに目を通しておくことを薦める。

物理 ― 東海大学

物理 ― 東海大学

標準問題を中心に出題されるが、難度の高い問題も出題される!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問4題で構成され、力学、波動、電磁気、熱力学からの出題である。力学はなめらかな面上に置かれた台への小球の乗り上げの問題で典型的で標準的な問題であり、波動は2つの音源からの音の干渉で比較的易しい問題である。電磁気は3つのコンデンサーによる回路でスイッチの切り替えも含まれているが基本的な問題である。熱力学は珍しいタイプである金属球により蓋をされた容器内での理想気体の状態変化で、圧力の扱い方に気が付けば解ける。全体的に解き易い問題が中心であり、差がつくのは力学での計算力と金属球の圧力だろう。試験時間は70分あるが、力学の計算を手早く処理しないと時間が足りなくなる可能性がある。時間配分に注意が必要。

【対 策】

標準~やや難の問題を解いておくこと。標準問題が中心であるが、力学、電磁気、波動では難度の高い問題が出題されることもあるので、しっかりとした準備が必要である。難度の高い問題では誘導にのれるだけの理解力が必要となる。出題範囲も幅広く毎年全分野からの出題であり、満遍なく勉強しておくことが重要である。’07と’06は易しくなっていたが、’08からはまた難度がやや上がり、’11~’13は難度が安定していたが、’14はやや下がっている。’14のレベルであれば、時間内に解くのは難しくないが、レベルの高い問題が多い場合には時間が足りなくなるので、日頃から効率よく問題を解く習慣をつけておくことが必要。

物理 ― 金沢医科大学

物理 ― 金沢医科大学

高得点での争いになるのでケアレスミスに十分に注意すること!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問3題で構成され、力学、電磁気、波動が出題されている。力学は板Aの上に置かれた物体Bに物体Cを弾性衝突させた後のAとBの相対運動が出題されている。電磁気はコンデンサーへの金属板や誘電体の挿入の問題で、電場や電位のグラフを選択させる問題も含まれている。波動は光ファイバーの原理に関する問題で、パルス信号の問題も含まれている。全体的に基本~標準問題であり、典型的な問題がほとんどであるが、パルス信号では題意をつかむのに苦労した受験生もいただろう。’13より大問が4題から3題に減ったので、時間に余裕があると思うが、高得点での争いになるので、計算ミスなどのケアレスミスに十分注意をすることも大切である。

【対 策】

基本~標準問題をしっかり解いておこう。出題範囲は広く、一般に出題の少ない問題、見慣れない問題が出題されることもあるので、注意が必要である。見慣れない問題であっても特別な法則があるわけではないので、特別な勉強は必要ない。難問ではないので、常に柔軟に考え、あせらず問題を読み、内容を正しく把握すればよい。また、誘導がつく時もあるので、誘導にのれるだけの読解力も鍛えておくことが大切である。基本~標準問題が中心であり、テンポよく問題を解けば、解ききることは可能だが、つまずくと時間が足りなくなる場合がある。問題を解く順序や時間配分に注意しながら解くことが大切である。’12~’14は熱力学の出題はなかった。

物理 ― 愛知医科大学

物理 ― 愛知医科大学

幅広く難度の高い問題が出題されるので準備はしっかりしよう!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問3題で構成され、力学、波動、電磁気からの出題である。力学は静止した物体の上に他の物体を滑り込ませたときの相対運動の問題で、壁と衝突する問題も含まれている。波動は虹の仕組みの問題で、主虹と副虹も考える問題となっている。電磁気はローレンツ力による運動を移動する観測者から見る問題で、その際に仮想された電場についても考える問題である。力学は標準的な問題であるが、虹の問題は類題を解いたことがない受験生には厳しかっただろう。また、電磁気は問題の誘導に乗りながら解いていかないと難しい問題となっている。時間に余裕はないので、見慣れない問題でも題意を素早く理解し、解ける問題から解いていくことが必要である。

【対 策】

基本~やや難度の高い問題をしっかり解いておくこと。’07と’06は難度の高い問題はなく、’05よりも易しくなっていたが、’08と’09は難度の高い問題はないものの’07より若干難度が上がり、’10以降はやや易化している。’14は難度が’13よりも上がった、’15も難度が高いつもりで準備することが必要である。見慣れない問題も出題されるが、基本的な知識や法則が変わるわけではないので、焦らず問題の内容を把握し、誘導に乗れることが重要である。そのためには日頃から単に問題を解くだけではなく、内容を把握し、考える習慣をつけておくことが大切である。熱力学の出題はしばらくないが、準備をしておくことを勧める。

物理 ― 藤田保健衛生大学

物理 ― 藤田保健衛生大学

解き易い問題を先に解き、得点を稼ぐことが大切、難問は後!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問4題で構成され、力学が2題、波動、電磁気が各1題ずつ出題されている。力学の1題目は摩擦のない状態で斜面付き台上からすべり始める物体と台との相対運動、2題目は折れ曲がった棒の円筒上でのつりあいである。波動は三角柱形のプリズムによる光の屈折で、三角関数の値をグラフから読み取るタイプのものである。電磁気は抵抗、コンデンサー、コイルを含む直流回路である。基本~やや難度の高い問題が出題されている。物体と台の相対運動は計算量が多く、光の屈折、折れ曲がった棒のつりあいでは題意をしっかりと読み取らなくてはいけない。試験時間60分では時間に余裕はないので、解ける問題から優先的に解いていくことが大切である。

【対 策】

基本~やや難の問題を解いておくこと。力学、電磁気、波動、熱力学が幅広く出題されるので、苦手な分野ややり残している分野は減らしておくことが大切であり、苦手な分野であっても基本問題は出来るようにしておくことが必要である。典型的な問題が中心であるが、ここ数年見慣れない問題や題意のつかみ難い問題が出題されている。解きやすい問題を優先的に解き、解き難い問題は後でゆっくりと焦らずに解くほうがよい。描画や記述も出題されるので、過去問等でしっかりと練習をしておくこと。問題に図がないこともあるので、問題文から自分で図を描けることが大切であり、日頃から自分で図を描いて問題を把握する習慣をつけておくことが必要。

物理 ― 大阪医科大学

物理 ― 大阪医科大学

難度が上がることが予想されるので、’15も準備はしっかりと!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問4題で構成され、小問集合、波動、力学、電磁気が出題された。小問集合は銅球と水での熱量保存、電場の仕事と電位差、長方形の板の力のモーメントのつりあい、水に浮いた氷の質量が出題されている。波動は環状スリットを用いたエックス線と光の集光が出題され、力学は放物運動と床と壁でのはね返りの問題である。電磁気は斜面上の導体棒に生じる誘導起電力の問題である。落ち着いて考えれば解ける問題が中心であるが、環状スリットでは近似などの誘導に乗れないと厳しく、放物運動での影の運動は題意を読み取るのに苦労した受験生もいただろう。時間にあまり余裕はないので、電磁誘導や小問集合に時間をかけ過ぎないように注意が必要である。

【対 策】

標準~やや難の問題までをしっかり解いておくこと。出題範囲が広く、全分野から満遍なく出題されるので苦手な分野ややり残した分野は無くしておくことが大切である。見慣れない問題や難度の高い問題も出題されるので、単に答えが出ればよいとは考えずに、問題をしっかり読んで内容を正しく把握する習慣をつけておくことが重要である。そのことにより、問題を読む力がつき、難度の高い問題も解けるようになる。’14は’13,’12,’11と同様な難度であるが、効率よく問題を解く習慣を身につけていくことは必要である。また、’15が’10と同じように高い難度であれば解ける問題を優先的に解き、解かない問題を決める必要もあるだろう。

物理 ― 関西医科大学

物理 ― 関西医科大学

’14は原子が出題され、’15は新課程なので出題範囲に注意!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問5題で構成され、力学、電磁気、波動、熱力学、原子からの出題であり、熱力学と原子のどちらかを選択する方式である。’13を除くここ数年はこのスタイルである。力学は長椅子と丸テーブルが転倒しないための条件を求める力のモーメントの問題、電磁気は電気抵抗を自由電子の運動から求める問題とテスターの原理に関する問題が出題されている。波動は光の屈折の問題で全反射も含まれている。熱力学は氷の融解の問題、原子は原子炉内での減速材に関する問題が出題されている。標準問題が中心であるが、テスターの原理、氷の融解、減速材は扱ったことがない受験生は苦労しただろう。熱力学と原子のどちらを選択しても難度の差はないだろう。

【対 策】

基本問題~やや難の問題をしっかり解いておくこと。’13を除いて熱力学と原子のどちらか一方だけを選択することになっている。全分野から幅広く出題されるので、苦手な分野でも基本的な知識は身につけておくことが必要である。特に、一般の入試ではあまり扱われない素粒子、トランジスタ、真空管、オクターブ、被爆、誘導加熱なども穴埋めで出題され、’10では原子の範囲で物理の概念とその検証の実験・観察が出題されている。なかには新課程ならではの内容もあるので、教科書を隅々まで一度目を通しておくことを薦める。記述や描画も出題されるので準備が必要である。見慣れない問題でも落ち着いて考えて一問でも多く解くことが大切である。

物理 ― 近畿大学

物理 ― 近畿大学

見慣れない問題が出題されることもあるので、柔軟に考えよう!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問3題で構成され、力学、電磁気、波動からの出題である。力学は粗い斜面上に置いた物体のつりあいと加速度運動の問題で、水平方向に力を加えて条件を変化させる問題である。電磁気は抵抗、コイル、コンデンサーを含む直流回路の問題で、電気振動まで出題されている。波動は液体中のプリズムで、角度を微小にした場合のくさび形干渉と角度を少し大きくした場合のプリズムによる屈折の問題が出題されている。標準的な問題が中心であるが、プリズムの問題では柔軟な思考が求められている。力学は難度自体は高くないが問題数があるので手早く解かなくてはいけない。電磁気は自己誘導の特徴と電気振動の基本が身についていれば易しい問題である。

【対 策】

標準~やや難度の高い問題を解いておくこと。典型的な問題が中心であるが、’14のプリズム、’13の平面波の合成、’12の荷電粒子の運動や凸レンズと平面鏡による像、’11のガウスの法則やビーズ球の円運動、’10の小球の繰り返し衝突などのように出題の少ない問題や見慣れない問題、やや難度が高い問題なども出題される。その際は、焦らずにしっかりと問題を読み、誘導にのることが大切であり、題意の読み取りにくい問題は後まわしのほうがよい。前期と後期で出題範囲が違うので確認が必要である。時間に余裕のある年もあるが、日頃から効率よく問題を解く習慣をつけておくことが大切である。描画や記述も出題されるので準備をすること。

物理 ― 兵庫医科大学

物理 ― 兵庫医科大学

’14も難度は高めであった、幅広く準備をすることが必要!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問5題で構成され、小問集合、力学、波動、電磁気、熱力学が出題されている。小問集合はLC並列共振回路、半導体レーザー、閉管の共鳴、棒のつりあいが出題されている。力学は万有引力による物体の運動の問題で、惑星の内部での単振動も含まれている。波動はガラスでの透過光の強度に関するもので、透過光同士での干渉も考える問題である。電磁気は斜面上での電磁誘導の問題であり、熱力学は理想気体の状態変化の問題が出題されている。小問集合、電磁気、熱力学は標準的な問題で、力学は誘導にのれれば解ける。波動は解き慣れない問題で苦労した受験生もいただろう。時間に余裕はないので、短い時間で解ける問題から解くことが必要である。

【対 策】

標準~やや難度の高い問題をしっかり解いておくこと。小問集合の中には標準問題もあるが、予想外に時間がかかる問題もある。手早く解くスピードをつけることも大切だが、時間がかかると予想される問題は後回しにする決断も必要である。小問集合以外は標準問題が中心であるが、やや難度の高い問題も出題されるので、しっかりとした準備が必要である。対策としては、難問ではないが難度の高い問題を解いておくことである。’09と’10はそれ以前より難度がやや下がっているが、’11~’14では上がっている。’07,’06と連続で出題された光子のエネルギーやエネルギー準位は’12と’14でも出題されたので過去問で研究しておくこと。

物理 ― 川崎医科大学

物理 ― 川崎医科大学

基本~標準が出題され、柔軟な思考も要求されているので注意!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問2題で構成され、大問毎に2つの内容があり、1題目は力学と波動、2題目は電磁気と力学となっている。1題目の力学は二連星の運動と万有引力の問題で人工衛星も加えた場合も含まれ、波動はドップラー効果と音源の単振動の問題と波の干渉の問題が出題されている。2題目の電磁気は電磁場内での電子の運動の問題で、らせん運動も含まれ、力学は直方体の重心を分割された状態から導く問題が出題されている。基本~標準問題が出題されているが、二連星の問題や直方体の問題では誘導にのれないと厳しいだろう。試験時間に対して問題は多くはないが題意を読み取るのに時間がかかる時もあるので波動や電磁気を手早く解く必要があるだろう。

【対 策】

基本~標準問題をしっかりと解こう。’07は’03と同様に2つのテーマのみが出題されていたが、’09,’10,’11,’13,’14は3分野からの出題で、’12は’08と同様に4分野からの出題であった。特に力学では幅広く出題されているので、苦手な内容でも基本問題は完全にしておくことが必要である。また、’10ではダイオードの記号や物理量の計算などが出題され、知識量や柔軟性を試されているので、十分な準備が必要である。ここ数年、川崎医科大学はいろいろな面で変化を加えているので、’15も問題や傾向に大きな変化を示すかもしれない。それに対処する唯一の方法は基礎固めの上にしっかりとした実力を身につけることである。

物理 ― 久留米大学

物理 ― 久留米大学

難度の高い問題も出題されるが、標準問題が解けることが重要!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問3題で構成され、力学、熱力学、電磁気が出題されている。力学は滑らかな斜面上で水平投射された物体と振り子の合体、合体後の振り子の円運動の問題が出題され、熱力学は理想気体の状態変化の問題で、定圧変化、等温変化、圧力と体積が直線的な関係を持つ変化、断熱変化に関するもので、グラフの描図まで出題されている。電磁気は回転するコイルの電磁誘導で、コンデンサーでの電流と電力に関しても出題されている。基本問題から標準的な問題までが出題されているが、斜面上での円運動やグラフの描図、交流電力は扱ったことがない受験生は苦労しただろう。高得点での争いになるのでケアレスミスに充分に注意することが必要である。

【対 策】

標準~やや難度の高い問題までを解いておくこと。’06から出題の多かった原子の出題がなくなり、波動が5回出題され、’08,’11,’14は熱力学が出題された。新課程では以前出題が多かった原子が必修になるので、原子の準備もしておく方が良いだろう。出題範囲は広く、難度の高い問題が出題されることもあるが、標準問題を解くことを優先することが大切であり、いたずらに難問ばかりを解く必要はない。手早く問題を解くことのほうが重要であり、記述や描画も出題されるので、しっかりと準備をしておくことが必要である。法則名なども出題されることがあるので問題を解く際には教科書などで確認をしておくことが必要である。

物理 ― 産業医科大学

物理 ― 産業医科大学

難度の高い問題が多くなっている、標準以上を解くことが必要!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問3題で構成され、熱力学、電磁気学、力学が出題されている。熱力学は理想気体の状態変化での体積と絶対温度の関係式を導出する問題で、電磁気は水平面上での金属棒の電磁誘導と電気振動の問題が出題されている。力学は剛体棒の先に固定した円環上にある物体の運動で、公転と自転(問題文での表現)の効果をいろいろな条件で活用する問題である。電磁誘導と電気振動は標準的であるが、熱力学は穴埋め式の誘導に乗れないと厳しい。円環上の物体の運動は難度が高く、類題を解いたことがない受験生は後半は出来ていないだろう。試験時間50分では時間に余裕はないだろう。電磁気と熱力学に時間をかけ、力学は前半まで解ければよいだろう。

【対 策】

標準~やや難の問題をしっかり解いておくこと。力学と電磁気を中心に波動、熱力学、原子を勉強しておくことが必要である。以前のような個性的な問題は減っているが、’10では融合問題、’07の小問集合と’13の熱力学では日常生活の中での物理現象が出題され、’08からは物理の知識問題が出題されていた。知識問題の対処法は、教科書にしっかり目を通すことである。’13と’14はそれ以前より難度が高くなり、問題文の誘導に乗れないと解けない問題や応用性の高い問題が多くなっている。’15も同様な難度になると予想されるので十分な準備が必要であり、試験時間50分は短いので、解く問題と解かない問題を決める必要もあるだろう。

物理 ― 福岡大学

物理 ― 福岡大学

難度は下がっているが、見慣れない問題も出題される、要注意!!

表:出題傾向分析 - 物理

◎=大問、○=小問

表 2

※5段階で評価

表 3

【傾 向】

大問3題で構成され、力学、熱力学、電磁気からの出題である。力学は円筒面をすべる物体の円運動と円筒面から離れた後の斜方投射、床でのはね返りが出題されている。熱力学はピストンつき容器内の理想気体の状態変化で、容器を横にした時と立てたときが出題されているが、単原子分子と書いていないので日頃使っている公式の中には使えないものもある。電磁気は電流計と分流器の問題で、解いたことがあれば易しい。’14は難度が基本~標準で典型的な問題が出題され、難度の高い問題や見慣れない問題は出題されていない。’13と比べると難度はやや下がった感じである。そのため高い点での争いになるので、ケアレスミスなどで失点をすると辛い。

【対 策】

標準~やや難度の高い問題までをしっかり解いておくこと。出題範囲が広いので、苦手な分野ややり残した分野をなくしておくことが大切である。難度の高い問題は誘導がある場合が多いが、誘導に乗れるだけの知識と読解力、思考力が必要となるので、日頃からそれらを身につける勉強をすることが大切である。そのためには、難問ではないが難度が高めの問題を解答の過程をしっかりと確認しながら解いていくことが重要である。記述や描画も出題されているので、日頃から自分自身で解答作りをしておくことが大切である。’14も含めてここ数年難度は下がっているが、’11は難度は低いが受験生の避けている交流が出題されているので、油断はできない。

私立医歯学部受験攻略ガイド ダイジェスト版を無料でプレゼント!

毎年10月にメルリックスから発行されている「私立医歯学部受験攻略ガイド」から、
半分程度のデータを抜粋した『ダイジェスト版』が出来上がりました。
こちらをご希望の方に、無料でプレゼントいたします。

今すぐ資料請求する

ページトップへ戻る

医学部入試対策なら医学部入試対策ドットコム

Copyright (c) MELURIXGAKUIN All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている画像及び文章等、一切の転載を禁止します。